叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラブソングができるまで 淡路シーウィンド

ラブソングができるまで 特別版ラブソングができるまで 特別版
(2007/09/07)
ヒュー・グラント. c. ヘイリー・ベネット. ブラッド・ギャレット. クリステン・ジョンストン

商品詳細を見る

まだ見てないと思って借りたら、どこかですでに見ていました。
金曜ロードショーとかでやってたのかな?
ラブコメディーということで、男にはちょっと手に取りづらいので、借りて見たわけではない、はず。

80年代に絶頂を極めたバンド、POPのヴォーカル、アレックス(ヒュー・グラント)。
当時の人気はどこへやら、あの人は今・・・という状態に陥っている。
ある日、彼の元に世界の歌姫 コーラ から新曲の依頼が舞い込む。
しかし、アレックスは作詞に関してメッキリダメだったため、新曲作りはすぐに行き詰る。
そんな彼のもとに、失恋で書くことを止めてしまった作家のタマゴ、ソフィー(ドリュー・バリモア)が現れる。
そしてそして。。。。

こんなストーリーですね。
別に新鮮味もなく、ベタなストーリー展開なので、この程度の解説で十分です。
でもね、それが悪いわけではないんですヨ!
芯の通ったストーリーがあるから、キャラクターを遊ばせてもシックリまとまってるんです。
このキャラクターたちがこの映画の見所ではないでしょうか。
それぞれの個性はもちろんのこと、面白おかしい細かい設定がちゃんとしてあるんです。

なんといってもヒュー・グラントですね。
かわいそうな腰痛持ちの中年のおっさんを演じていると思えば、
80年代全開?なPOPのミュージックビデオの中で思いっきり腰を振りまくってたり、
僕のヒュー・グラントのイメージが大きく変わりました。
バリモアも可愛くていい。
ちょっと痛い役どころで、実際に身近にいたら困るだろうけれど。
そして、僕がすきなのは コーラ 。
もう、無茶苦茶です。

もちろん、面白おかしい部分だけではなくて、ラブストーリーとしてちゃんとしているところもあるんですよ。
2人の恋の深まり具合と歌詞が出来ていく過程がシンクロしたり・・・。

まあ、とりあえず見てみておくれ。





安藤忠雄が設計したTOTOセミナーハウスをご存知ですか?
http://www.oyadonet.com/seawind/

淡路島の東側に位置し、
落差100m、約45度の斜面に建つ研修施設兼宿泊施設です。
セミナーハウスということで、TOTOの社員さんしか宿泊できなかったとおもうのですが、
一般の人も宿泊出来るようになったようです。
すばらしいことですね!
しかも、意外と リーズナブル!!
すばらしい!!
平日なら一泊二食付きで10000円!
安い!
高いと思った人も、よく考えてください、二食付ですよ!
朝食付きならなんと7350円です。
結構、料理もよさそうです。
アンドーさん設計の建物なら、直島でも泊まることが出来ますが、
食事なしで一人15000円ぐらいからなので、こっちのほうがお得です。
直島は食べるところが無いので、結局ベネッセのレストランで食べることになって高くつくと聞くし。
あっちも泊まりたいけどね。

それから、夏なら屋外プールもつかえます。
でも、夏の間は予約でいっぱい。
秋以降にどうでしょうかねえ。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/06(水) 00:21:07|
  2. 映画・本・雑誌 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大文字 | ホーム | 川床 鴨川 自転車>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoshosai.blog23.fc2.com/tb.php/88-9ce204c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。