叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画 アポカリプト

panther-mini氏が映画専用のブログを始めたようです。
http://d.hatena.ne.jp/panther-mini/

彼は1回生の頃、年間400本の映画を見るという偉業を達成したつわもの。
そのせいもあってか、1回前期は学校で、まったく彼の姿を見ませんでした 

彼には程遠いですが、僕もそこそこな映画好きです。
今年は200本映画を見るという目標をたてていたのですが、
この2ヶ月ほど見る機会を逃してしまったので、目標にはとどきそうにありません。
しかし、先週から再び見るようになったので、年間100本にはなとかとどきそう。
今年上半期で50本はみましたが、早くも映画のタイトルや内容を忘れつつあるので、
僕もこの機会に感想を書いてみようと思います。

感想文的なことは大の苦手なので、期待は出来ません。
それから、映画の内容を書きすぎる癖があると思うので、嫌であれば見ないでくださいな。





記念すべき第一作は 「アポカリプト」

アポカリプトアポカリプト
(2007/11/21)
ルディ・ヤングブラッド

商品詳細を見る


監督はメル・ギブソン
アメリカでは残虐的なシーンが多いためにR指定

ざっくりと内容を言いますと・・・

舞台はスペインに支配される以前の中央アメリカ。
主人公のジャガー・ポーは仲間や妻、子供たちと、平和な村で暮らしていました。
そこへマヤ帝国の魔の手が!!
村はあっけなく敵によって支配され、ジャガーたちはマヤ帝国の都へ連れ去られてしまう!
その頃のマヤは干ばつで人々の生活は危機に瀕していた。
ジャガーたちはその干ばつを鎮めるため、神への生贄として、そこへつれて来られたのだ!
次はジャガーだ!もうダメか!
その瞬間!。。。
生贄にはならずに済んだものの、彼らを更なる試練が待ち受ける!
ジャガーは逃げる!逃げる!
敵が追っかけてくる!逃げる!逃げる!
そして・・・・。
そんな内容です。
浜村淳並みにネタバレですね!

中南米の文化には前から興味があったりしたので、個人的にはなかなか好きな映画でした。
ただ、
生贄として心臓が捧げられたあと、頭と胴体がピラミッドの頂上から転げ落ちるシーン、
広場にジャガーたちを放して、人間狩りをするシーン、
生贄にされた後の死体が何万と散乱しているシーン・・・・・など、
残虐的な場面が続くので、人によって意見が分かれるでしょう。
でも、この映画の一番の見所といえる、
後半の逃げるシーンのカメラワークはすばらしく、一見の価値あり。
圧倒的なスピード感と臨場感。息つく暇がありません。
コレだけがやりたくて、この映画を撮ったのか?とも思えてきます。

メル・ギブソンの映画は史実に基づき映画を撮るということが知れれていますが、
この映画の場合はどうなのでしょうか。。。
マヤとアステカが一緒になってしまってるような気がするのは僕だけでしょうか?
一番の?は、ジャガーが生贄として捧げられようという時に、偶然おこる日食。
この日食によって話の流れが大きく変わるため、とっても重要なシーンなのですが、
コレってどうなのか?
マヤ文明は現代科学にも匹敵する天文学を備えていたことが大きな特徴なわけですから、
いつ日食が起こるかぐらいは予想できるはず。。。
まあ、映画ですから面白ければいいのですけれど。

この映画で個人的に好感が持てたのが、最後にスペインの船を登場させたところ。
船を出てこなければ、ただのハッピーエンドで終わってしまたところを、
船を登場させたことでその後の展開が予想され、物語に深みが増しています。
ただ、描き方が具象的すぎ。

こんなところでしょうか。
とにかく、はらはらどきどきの映画です。
大画面で見てください。



スポンサーサイト
  1. 2008/08/02(土) 09:31:31|
  2. 映画・本・雑誌 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<川床 鴨川 自転車 | ホーム | 松尾大社 オスカー・ニーマイヤー>>

コメント

紹介、さんきゅー☆

アポカリプト、面白よね!
映像はほんとに良く出来てると思います。
  1. 2008/08/03(日) 22:47:39 |
  2. URL |
  3. みにぱんさ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoshosai.blog23.fc2.com/tb.php/86-e03e0815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。