叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近の動き

R1121707のコピー
先週土曜日は西脇と兵庫県美へ行ってきました。
もちろん横尾忠則の絵を見に行くためです。
そして上下の写真は日本へそ公園内にあるテラドーム。
ネーミングセンスがいいですね!
設計は安藤忠雄、渡辺豊和と並び、関西三奇人と言われた毛綱モン太さん。
よくもま~こんなものを作らせたな!という建築です。
時代がそれを許したのでしょうか?
今なら絶対にこんな公共建築は建てられませんよね。
横尾さんの作品が展示してある、磯崎さん設計のミュージアムも、
ポストモダン真っ只中という感じでよかったです。
R1121719.jpg
兵庫県立美術館の展示会は質量ともに大変充実していて、お腹一杯になります。
横尾さんの作品は好き嫌いが分かれるタイプかと思いますが、
嫌いだな~と言う人も実物を見ると、イメージが変わるかも知れません。
僕もそうでした。
一度行ってみてくださいな!


月曜日には京都近代美術館へ ルノアール+ルノアール展 を見に行きました。
近代造形史のレポートがあったので、それをかねてです。
ルノアールと言うと、印象派の巨匠オーギュスト・ルノアールをまず思い浮かべてしまいますが、
この展示会では息子であり、フランス映画界の3大巨匠の一人ジャン・ルノアールにも焦点をあて、
親子の関係、父が息子へ与えた影響・・・などを明らかにすると言うものでした。
ジャン・ルノアールの作品は美しく、よかったですが、2時間前後あるものを絵画と同じようにいくつも並べるのはムリがあるように感じました。
やっぱり時間をかけて見ないと!
オーギュストの絵のほうは、当然のことながらすばらしい!
最近はコンテンポラリーアートの展覧会を見に行くことが多くなっているので、
たまにこういったモダンアートもいいものです。
しかし、あまりにも人が多かった!
そして、みんな絵の前から動かない!
なぜ、そんな近くから見るのでしょうか?
印象派の絵はある程度距離を置いて鑑賞するものでは?
もちろん筆の跡や、色の混じり具合を見るために近づいたりもしますがね。。。


そして、そして、水曜日には卒業設計のテーマ審査的なものがありました。
でも、意匠のようなカッチリしたものではなく、いつもの草案みたいなノリです。
候補となる敷地の地図を3枚持っていっただけで乗り切れました。
そして、先生の鶴の一声で敷地が決定しました!
3候補の中でいちばん興味があり、設計しにくそうな敷地です。
さて、どうなることでしょうか。

R1121735のコピー
今月の部屋からみた風景です。
五山の送り火まで1ヶ月を切りました。
去年、おととしと、見ることが出来なかったので、今年こそはみます!
誰か見に来る人はいませんか?
スポンサーサイト
  1. 2008/07/26(土) 06:18:38|
  2. 日々の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<松尾大社 オスカー・ニーマイヤー | ホーム | 中部地方旅行 5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoshosai.blog23.fc2.com/tb.php/84-d953246d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。