叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高知 アンパンマンミュージアム

友達に急に誘われて、昨日は高知へ行ってきました。

まだ見ていないビデオがあったので、それを見たら、寝る時間がなくなって、
徹夜での参加となってしまいました。
さすがに「ロード オブ ザ リング」と「チャーリーとチョコレート工場」を見るのは、
間違いだったようです。
6時間DVDを見るのは辛い!

8:00に三ノ宮集合だったので、京都を6:00に出発し、三ノ宮からは友達の車で、
3~4時間かけて高知へ行きました。
高知は遠い!!
今回の目的は、古谷さんのアンパンマンミュージアムと、内藤さんの牧野富太郎記念館。

今日はアンパンマンミュージアムを紹介。
男だけでアンパンマンミュージアムは間違いでは・・・と思いながら、館内を見て回りました。
土曜日ということもあり、やっぱり子供ずればっかり。
天気はあいにくの薄曇。

P1110485.jpg
軽やかな橋を渡って、アプローチします。
ガラスのところ全部がエントランスホールになっています。
ファサードからも、この建物に占める、エントランスホールの大きさが分かります。
ホール奥の面もガラスになっていて、視線が山まで抜けるので、
どこに居室がおさまっているんだ??っとなります。
実際、展示はホール上部の3階と、地下1階にしか有りません。
なんとも、贅沢な設計です。
P1110569.jpg
35mmのカメラではホール全体が収まりません。
広角カメラを買わないと!
ベンチにもなる大階段を上り、折り返して、
トップライトからの光があふれる階段を抜けて、3階の展示室へ。
どの作品も、色がきれいで、可愛いです。
欲しくなってしまいます。
P1110567.jpg

P1110515.jpg

P1110524.jpg

3階の展示を見終わると、この階段を通って一気に地下1階へ。
途中でちょっとした展示と、ホールが見渡せるエレベータ乗り場があります。
P1110553.jpg

P1110535.jpg

大人にはちょっと疲れる動線計画かも知れませんが、子供は移動を楽しんでいました。
展示も意外とあっさりとしているんだな~と感じましたが、子供が見ることを考えると納得。
スポンサーサイト
  1. 2008/04/07(月) 01:02:24|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<牧野富太郎記念館 (1) | ホーム | 桜 オススメのパン屋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoshosai.blog23.fc2.com/tb.php/47-eacc7379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。