叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鷹取教会

新長田へ行ったら、鷹取教会が新しくなた事を思い出したので、ついでに寄ってみました。
鷹取教会は、坂茂さんが設計した紙の教会として、建築界では知られています。

震災が起こった時、テレビでこの教会の崩壊した様子を知った坂さんは、
何か自分にも、できることがあるのではないか・・・っと、東京から駆けつけました。
そして、紙管で出来た仮設の教会を提案します。
はじめは賛同がえられなかったそうですが、毎週日曜日に、
始発の新幹線で東京から駆けつけてくる坂さんの熱意におされ、再建が決まりました。
それ以前から、坂さんはルワンダの難民キャンプのために、
紙のシェルターを国連難民高等弁務官事務所に提案するなどされており、
現在は、高等弁務官事務所のコンサルタントを勤められています。

その紙の教会も、震災から10年以上たち、
ひとつの節目を迎えたということで、新しく建て替えられることになりました。
そして、一年ほど前に完成したものが、今回紹介する建物。
もちろん設計は坂さんです。
(紙の教会は、台湾地震の被災地に送られ、仮設の教会として、現在も使われているようです。)

この新しい教会、まだどこにも発表されていないと思います。
建て替えが決まったときから、注目をしていたので、
新建築やGAを注意して見ていたのですが、これまで一度も記事がのっているのを見ていません。
未発表作品にこのままなるのでしょうか?
なので、世界初公開!!
作者の考えを無視して公開してしまいます!


P1110402.jpg

P1110406.jpg
富士山ですよ!! 内部は聖堂になってます。 
南西の方角に、やや傾いています。光を満遍なく取り入れるため?でしょうか。
内部にはテント地が張られているようなので、均質な光で満たされた空間であることが想像できます。
http://www.asuta-steelpan.com/report/history/07/takatori/takatori.htm に写真がちょっとだけあります。
P1110427.jpg
建物は中庭のある、ロの字型をしています。
中庭は普段は駐車場になっているようですが、イベント会場になったり、子供の遊び場になったり、
色々なことに使われているようです。
この建物の一番の見所?ともいえるのが、上の写真の金属フレーム。
左手の半透明のシャッターを開けると、シャッターがフレームのところまでいって、屋根になります。
奥には、地震の時に火災をくい止めたと言われる、ありがたいキリスト様が。
P1110439.jpg

P1110413.jpg
ところどころに、青や黄色に塗られた部分があります。
P1110433.jpg

道路に面する2階部分は、4面すべてガルバニウムが使われていて、外から見るとやや閉鎖的な印象があります。丸い窓が開けられています。外に向かって開くのではなく、内側にのみ開かれた空間のようです。
一方、1階部分は、4面すべてがガラスやシャッターで、中庭まで目線が通るようになっています。
中で何をしているのか、雰囲気を感じることができ、2階部分とは対照的です。

この教会ははじめて見ると、立派な幼稚園という感じがします。
教会にあるような厳格な印象はありません。
気軽にフラッと立ち寄れそうです。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/31(月) 20:41:18|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<桜 オススメのパン屋 | ホーム | 豊雲記念館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoshosai.blog23.fc2.com/tb.php/45-daf7dd07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。