叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

森井さん インド

今日はインテリアデザイナー森井良幸さんの講演会へ行ってきました。
建築家の講演会はたまに行きますが、インテリアデザイナーの講演会は始めてでした。
建築家の講演会は、建築家からの一方的な考えや、現実離れした内容が結構多かったりするのですが、今回のお話は商売に直接関係するインテリアならではのシビアな面も語られ、非常に興味深い内容でした。
最近は建築デザインも手がけているそうです。現在、建築とインテリアは寿命に大きな差があります。流行の速さにも差があります。その差をどのように調整していくのか、これからの森井さんの仕事が気になります。


そろそろ今年の漢字が発表されますね。
僕の今年の漢字は間違いなく「旅」です。
最近よく、旅行行ったな~とつぶやいているそうです。
これから数日は、今年行った旅行の写真を紹介したいと思います。

まずはやっぱりインドを紹介します。
今日は最初に訪れたアーメダバードです。
P1070298.jpg
ルイス・カーンのインド経営大学。明暗がはっきりした空間で、キンベルとは対象的です。安藤建築の持っている雰囲気と似たものがありました。
P1070355.jpg
コルビュジェ先生の繊維業者会館。自由な平面です、すばらしい。こうなれるのかなあ・・・こうはなれないなー・・・っと感じました。
P1070475.jpg
同じくコルビュジェ設計のサラバイ邸。エル・デコとかによく出てくるのでおなじみですね。滑り台とプールがいいかんじ。ジョージ・ナカシマやイサム・ノグチもよくこの家を出入りしていたそうで、オリジナルの家具があったりします。コルビュジェやミロの絵画、どこかで見たことあるオブジェなどもあり、日本の地方都市の美術館以上です。
P1070533.jpg
ゾウです、拝んでる人がいます。インドっぽい構図ですが、普通の人が観光で行くような都市では見れません。町には人、牛やヤギ、狂犬病にかかっていそうな野良犬がうじゃうじゃいます。かまれたら助かるすべはありません(地球の歩き方より)。
P1070534.jpg
朝の旧市街。アーメダバードは観光客が来るようなところではないので、ようしゃなく目線が飛んできます。ジャパ二!とか、コリアン!とかいろいろ声をかけられます。悪い人はいないので笑顔で答えてあげないといけません。ただ、おなじみの下痢などになるとそんな余裕はなくなります。
P1070555.jpg
P1070567.jpg
階段井戸です。安藤さんが設計するとき、常にこれが頭の片隅にあるとかないとか言ってましたね。表参道ヒルズの天窓をぶち抜けばそれっぽくなるような気もします。今までいろいろ建築を見てきましたが、これが今のところ一番神秘的です。

明日はこ続きです。
スポンサーサイト
  1. 2007/12/09(日) 03:27:59|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インド | ホーム | SANNA>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoshosai.blog23.fc2.com/tb.php/4-734fefa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。