叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今週のいけばな 杜若2

杜若 夏生けのコピー

今年3度目の杜若を生けました。

前回の八つ橋モドキは、春の生け方だったので、
花を高く扱って、夏の生け方にしました。

普段は針金を使ったりしないのですが、
夏生けはしっかりタメないと株が倒れたように見えるので、
体の花にだけ、針金を添わせています。
主株の体・用・留の花を高くしていますが、
先生によっては横姿も高くする場合があるようです。

水潜りは、宙に浮かせて、
これから水に潜ろうとしている様子を表す場合もあるそうです。
今回は大きい剣山が無かったので、主株と水潜りを別の剣山に生けていますが、
本来は同じ剣山に生けるのが良いそうです。

縦姿のある水盤の奥側は遠景で、芽吹き葉は本来見えないので、
あまり芽吹き葉の数は多くせず、生ける場合は少し大きめにしてやります。
逆に、手前は近景で良く見えるので、芽吹き葉を多くして、奥よりも小さいものにします。
また、芽吹き葉は面を正面に向けるのではなく、各株から放射状になるように配置して、
どの株から分かれ出たものか明確にします。

今回の杜若は少し軟らかめでしたが、葉の幅が狭くて生けやすいものでした。
見た目も、かなりスッキリしたと思います。
ただ、ちょっと留めと控えの辺りがゴチャゴチャして見えます。
留の花を長くすると、どうしても控えの辺りに被ってくるのですが、
どうするのがキレイなんでしょうか??

杜若は、やや高い位置から写真を撮る方がキレイに写るようです。
砂利を敷けば、それも見えるようになるし。


フトイ・ギボウシ・テマリソウのコピー

杜若に時間がかかったので、新花は家に帰ってから生けました。

花材は、フトイ・タテジマフトイ・ギボウシ・テマリソウ です。

剣山を水盤の中心に置くと、足元に締りが無くなってしまうので、
水盤の縁に掛るように、手前にもってきました。
もう少しフトイの量があれば、高さを出しても面白かったかもしれません。

スポンサーサイト
  1. 2011/05/29(日) 17:10:12|
  2. いけばな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今週のいけばな 芍薬 | ホーム | 今週のいけばな 杜若>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoshosai.blog23.fc2.com/tb.php/269-cfd50d44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。