叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今週のいけばな

黄金小手毬のコピー

一の筒に黄金小手毬、二の筒に小菊、三の筒にはフリチラリア・ウバブルビス。

フリチラリア・ウバブルビスは、花屋さんがオマケで付けてくれたもので、オランダ産らしい。
球根性のユリ科の花で、鉢物として出回ることはあるようだけど、切り花はかなりレアらしい。
花が下向きに咲くのが特徴のようで、ユリというよりも、うつむいたチューリップのように見える。
わりと野性味があって、貝母百合に似た雰囲気がある。

黄金小手毬は、ある程度撓めがきくけど、
体や留の枝を形作るのは難しいので、無理に撓めず脇枝を利用していまる。
葉が茂っておらず、枝分かれも密ではないので、
ついつい枝数が多くなって、足が太くなってしまいう。
新芽の状態でしか見たことが無かったので、
花は鑑賞に値するものではないのかな、と思っていたんだけど、
調べてみると割と綺麗な花が咲くことがわかった。

春の庭を連想させる、さわやかな取り合わせだと思った。
小菊は秋から冬のイメージが強いけど。



ムギ②のコピームギのコピー

新花は、ムギ、桜小町、ラナンキュラス。

ムギと桜小町の茎のグラデーションが綺麗なので、葉を取り払って、素直に生けた。
ラナンキュラスは形よりも色を見せるため、茎の中に針金を入れて、
花の顔が正面を向くように曲げた。

右の方は、奥に色をもって行くことで、奥行き感を強調した。
写真では、イマイチだけど。。。


ラナンキュラス・ムギ

思ったよりも長持ちしたので、形を変えて、遊んでみた。
遊びなので、形とか花器とのバランスは、あまり深く考えていないので、
その辺は追及しないでいただきたい。



スポンサーサイト
  1. 2011/03/29(火) 15:44:39|
  2. いけばな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今週のいけばな | ホーム | 今週のいけばな>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoshosai.blog23.fc2.com/tb.php/260-42016e5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。