叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今週のいけばな

啓翁桜のコピー

啓翁桜を三巻筒に生けました。

ん?彼岸桜だったかな?

今までは、花器を 和合 という置き方にして生けることが多かったのですが、
今回は 右遷 という置き方で生けてみました。
枝振りや、置く場所によっては、左右逆の左遷で生けることもあります。
右遷・左遷は幽玄(物事の趣が奥深く、はかりしれないこと)を表現する生け方で、
寒桜や山桜などが似合うそうです。

稽古場で使っているものと、少し花器の高さが違ったりするので、
ちょっと、空間にゆとりが足りないかもしれません。
桜や梅は、稽古場から自宅へ帰るまでに、枝が折れてしまうことがよくあります。
今回も、何箇所か折れて、無くなってしまいました。

DSC00417_20100407231757.jpg
数年前、和合の置き方に本桜を生けたもの。
ちょっと、写真を撮る位置が高すぎるけど。
和合は佳麗(整っていて美しいこと)を表すらしい。


赤目柳 広口のコピー

今回の御稽古は、桜と赤目柳から好きな方を選ぶことが出来ました。
僕は、前回、前々回と二度つづけて柳をを生けていたので、
柳にしろよ!という、おば様方のからの無言の圧力を感じながらも遠慮したのですが、
生徒さんに一人お休みが出て、僕が余った柳を頂いて帰ることになりました。。。
やたら時間と体力を消費するので、有りがたいですが、ちょっと迷惑。。。

先生から、水盤に剣山で生けなさいと言われたので、
水潜りにでもしようと思っていたのですが、長い枝を取っておくのを忘れたので出来ませんでした。
柳だけだと少し寂しいので、
家の玄関に死にかけの菊があったことを思い出し、用の下に小さく半横姿で生けてました。
で、白砂をひいて、柳の足元には石飾りを施してみました。
石飾りは、まだあんまり詳しくないので、なんとなくなんですが。。。


今回のように、主株の用下に従株を生けた花を、「孤独の花」と呼びます。
陰、陽、どちらかに偏った花姿を、思想が偏った老人に例えてらしいです。
昔は、「呆け花」と呼んでいたらしいです。
定法どおり、主株の留め側に生けるよりも、動きが出て見た目が派手になるので、
花展などでも多く見受けられますが、本来はお目出度い席で好んで生けるものではないそうです。

柳には椿が良く似合います。
が、 枝垂れ柳以外の多くの柳は水辺を好み、椿は水辺を好まないので、
柳の添え物に椿を扱うのはよくないとのことです。


柳って、花屋で売ってるとこ見たことないので、
どれぐらいの値段なのかと思って調べてみたら、売値で1本80円ぐらいするらしい。
35本はいってたから、花屋さんもギリギリでやってくれてるみたい。
有難迷惑とは言ってられないなあ。。。



スポンサーサイト
  1. 2011/02/22(火) 18:06:59|
  2. いけばな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<今週のいけばな | ホーム | 今週のいけばな>>

コメント

素敵ですね。これからも拝見させていただきます。
  1. 2011/02/24(木) 21:54:29 |
  2. URL |
  3. dadashin #-
  4. [ 編集]

dadashin さん、はじめまして。

嬉しいお言葉ありがとうございます。
これからも、定期的に更新できるように頑張りますので、
よろしくお願いします。
  1. 2011/03/21(月) 06:21:35 |
  2. URL |
  3. shoshosai #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoshosai.blog23.fc2.com/tb.php/256-f601dc44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。