叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今週のいけばな

雪柳 椿 サンシュユ 

山茱萸(サンシュユ)と、新花用にきていた雪柳と白玉椿を合わせて、二巻筒に生けました。

山茱萸も、椿も、それなりに量はあったので、
三巻筒をつかって、一の筒に雪柳、二の筒に山茱萸、三の筒に白玉椿、
という感じで素直に扱いたいところですが、
花の色には序列があり、上から白、紫、黄、紅、赤という順番を守らなくてはいけないので、
このような生け方になりました。

下口に黄色の山茱萸と白い白玉椿が一緒に入っているのは良いのか?と思われるかもしれませんが、
これは、上口の横姿でも同じ位地(今回は留と控え)に白玉椿を使っているのでOKとなります。

もし、椿が赤色であったなら、赤は黄色よりも格が低いので、山茱萸よりも低い位置に使うことになります。


雪柳は縦姿で生ける時もありますが、横姿の方が自然で無理なく生けられるような気がします。
撓めはある程度効きますが、気を抜くとすぐ折れるので、枝ぶりを生かして生けるのが良いみたいです。
今回は用を流したのですが、その枝だけが目立ってしまっているので、
つなぎになるような枝をもう少し足しても良かったかもしれません。

山茱萸はとても撓めやすく、枝も真っ直ぐで生けやすいのですが、
その反面、面白みには欠けるので、太い枝(ボクと呼ぶ)を入れてそれを補いました。
枝先が折れていたり、花がついていなかったりするのも、山茱萸ではよくあることです。
今回は枝先が折れていたので、体先にすこし勢いがありません。


まだまだ寒い日が続いているけど、
春らしい取り合わせで、部屋の温度が少し上がったような気がします。

スポンサーサイト
  1. 2011/01/24(月) 13:30:09|
  2. いけばな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今週のいけばな | ホーム | あけましておめでとうございます!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoshosai.blog23.fc2.com/tb.php/253-7a9236b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。