叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

箱木千年屋

R1128431のコピー

9月の頭に京都の住民達と、兵庫の建築を見て回った時に撮った写真。

箱木千年家。
簡単に言えば、千年経った箱木さんの家。
今から300年前、箱木さん宅のあまりの古さに驚いた殿様が、
千年家という称号を与えたらしい。
300年と1000年だから、単純計算では1300年前に建てられたことになるけど、
実際は、室町初期が有力だそうな。
まあ、それでも十分に古く、日本では現存するもっとも古い住宅らしい。
しかも、1977年のダム建設による修復移転時まで、箱木さんが実際に居住していたと言うのだから驚き。
どんだけ、箱木さん我慢強いんだ!!

建物の特徴は、巨大な屋根と極端に低い軒、
そして、地面から土台などの部材を介することなくスムーズにつながる土壁。
軒の高さは地面から1500㎜ほどしかない。
当時の人の身長とちょうど同じぐらいか?
地面と壁の堺が曖昧なため、夏の暑さに耐えながら、ボーっと無心で眺めていると、
竪穴式住居がそのまま立ちあがったかの様に見えてくる。
カメラで屋根だけ写せば、完全に竪穴式住居。

この日は他に、浄土寺浄土堂、ビーンズドーム、ヨドコウ迎賓館、芦屋市市民センターを見た。


スポンサーサイト
  1. 2010/10/11(月) 02:21:22|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今週のいけばな | ホーム | 今週のいけばな>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoshosai.blog23.fc2.com/tb.php/244-054d7297
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。