叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

修学院離宮 桂離宮

R1128183のコピー

8月の30・31日、修学院離宮と桂離宮に続けて行ってきました。

どちらも、ものすごく良かった!
でも、あえてどっちが良かったかというと、僕の答えは修学院離宮。
建築的な見方をすると、桂離宮の方が明らかに見どころは多いんだけど、
予定調和的というのか、先の展開が読めてしまった。
修学院離宮も池泉回遊式なので、場面の展開はあるんだけど、
穏やかなので、桂みたいに詰め込んだ感じがしない。
これを物足りなく感じる人もいるだろうと思う。
桂は常に設計者の思惑が見え隠れするんだけど、修学院はあんまり感じない。
桂は一見するとスタイリッシュなんだけど、裏側は人間味がある。
モダニズム建築と似てる。

僕はどちらかというとシークエンシャルな建物が好きだし、
設計する建物もそんなタイプのが多いので、修学院のほうが良いと思うなんて、なんか不思議。
ここ数年で、好みが変わってきたのかもしれないな。

R1128193のコピー
修学院離宮で一番好きな場所。
この池は人工で、巨大な堤防で水をせき止めることで出来ている。
堤防の上にも散策路が続き、木が植えられている。
山なので、もともと標高が高い上、堤防もかなりの高さがあるので、
余計なものが視界に入らず、水面に映るのは木と空だけ。
西向きなので、人工の地平線に夕日が沈む。
日本庭園とは思えないような、壮大な風景。
風がなく水面に波が無い日に、もう一度見てみたい。

R1128293のコピー
こちらは、桂離宮の書院。
黄金比が用いられているからか、今まで見てきた日本の伝統建築よりもシャープな印象。
欄干と床の高さの変化が、程よいリズムを生んでる。
高床になっているのは、桂川の氾濫をを見越してのこと。
だからだなのか、見ていると頭にファンズワース邸が自然と浮かんできた。

いろいろ印象に残っていることはあるけど、
何よりも暑かった。。。

とりあえず、以上
スポンサーサイト
  1. 2010/08/31(火) 22:23:20|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<今週のいけばな | ホーム | 今週のいけばな>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/01/29(火) 07:42:26 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoshosai.blog23.fc2.com/tb.php/239-71874d5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。