叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今週のいけばな

R1127882のコピー

今回は葉蘭(ハラン)でした。
ちょっとお高い和食とか、お寿司の下に敷いてあったりする、あの葉っぱです。
コンビニ弁当とかに入っている、ビニール製の緑色でギザギザした人造バランの方が、
残念ながら、イメージしやすいかもしれませんが。。。
葉を束ねているシールにも、新鮮野菜という文字がありました。

葉蘭は、杜若、水仙と共に三大難物と言われていて、
「葉蘭に始まり、葉蘭に終わる。」という言葉もあるそうです。
その様な難しい花材なので、かなり生けるのに時間がかかってしまいました。
生けるのに時間をかけていると、
手の熱でどんどん茎が痛んできて、逆に生け辛くなってきます。
徐々にイライラしてきて、まさに悪循環。
でも、なんとか生け上がりました。
葉蘭の生け上がった姿は、足元の細さと上部の葉の広がりの対比がとても綺麗で、
大好きなんですが、それまでの工程が。。。

今回の、大きな気になるところは、
上口の横姿の体が、変な方向を向いているのと、
下口の縦姿の、用の囲葉が短いことでしょうか。

先生が生け花を習い始めた頃、今みたいに花の種類が豊富でなかった時代は、
家の庭先で育てた葉蘭を稽古に持って行ってたらしい。
自分で花を育てると、花の出生を勉強することができ、
それを生け花にも生かすことができたので、とても良かったらしい。
また、自然に生えている姿を見に行ったり、生けるために取りに行ったりすることも重要で、
「花は足で生けろ」という言葉があったらしい。
まあ、そんな事を今の時代に積極的にやっていたら、捕まりかねないけどね。

今週は以上。

スポンサーサイト
  1. 2010/07/29(木) 02:38:39|
  2. いけばな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今週のいけばな | ホーム | 今週のいけばな>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoshosai.blog23.fc2.com/tb.php/233-ae1194eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。