叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今週のいけばな

R1127740のコピー

今週は、太藺 (フトイ)と縞太藺を魚道分けで生けました。

水生植物を2株以上用いて、水辺の景色を表現した活け方を魚道分けと言います。
他に、草花だけを用いて生けた物を、株分け、
陸に生える植物と、水生植物を一緒に生けたものを、水陸分け、
木物だけを用いたものを、谷合生け、と呼びます。

今回は主株と、主株の用下に、切り株を用いました。
切り株は、人為的に刈り取られた物なので、高さを綺麗にスパッと切り揃えます。
高いほうの陽の切株は、株全体の高さの2/3が基準なので、ちょっと低くすぎたと思います。
低いほうの陰の切り株は、用の切り株の2/3~1/2です。

フトイは「太い藺草(イグサ)」というところから名づけられたそうです。
イグサは 別名 燈芯草(トウシンソウ)と呼ばれ、
昔、油で明りを取っていたころは、茎の中の繊維を燈芯として使っていたらしいです。
先生の子供のころは、まだ使ってる家庭があたらしい。
今でも、和蝋燭の芯に使われているとのこと。
で、イグサの用途は分かったが、フトイは何に使われてたんだろうか??

陰陽の切り株を生け終えたら、所定の位置に花?枝?を挿していきます。
正面から見て交差しないように気をつけて。
沢山、花が付いているものを用付近に用います。
フトイは真っ直ぐに伸びるのが本来の姿、実の姿なので、基本的には矯めませんが、
三角形の頂点を形成する、体・用・留だけは、少し矯めます。
これは人間が考え出した姿、虚の姿です。
未生流には、虚と実を同時に用いるという、虚実等分という考え方があり、
その考え方が、中国の陰陽説と結びついて、、、完成度の高い挿花論に、、、、
話が難しいので、勉強してからまた。。。

一番後ろの、ポキっと折れているのが、風折れ葉です。
葉じゃなくて、茎だけどね。
これが短すぎると風では折れないし、長すぎると見た目がブサイクになり、
長さのバランスがなかなか難しいです。
風折れ葉も、体に沿うように、途中まで矯めた方が綺麗に生けられます。
これは花菖蒲も同じ。
写真のは、そうなってないけど。。。
体の先と、風折れ葉の先は、空間が空きすぎるので、
つなぎとして、一本添えると綺麗です。

縞フトイの従株は縦姿で、切り株を用いずに。
フトイは真っ直ぐにしか伸びないので、横姿にはしません。

普通は、フトイだけで生けると寂しくなりがちなので、
杜若や睡蓮などの水生植物と組み合わせて生けることが多いと思います。
でも今回、フトイだけで生けてみて、涼やかで良いもんだなあと思いました。

以上、徒然なるままに。


それにしても、
フトイを、こんな姿に生けようと思うなんて、昔の日本人って斬新ですねえ。
自然風景だけでなく、人為的行為までも取り入れるとは。。。





スポンサーサイト
  1. 2010/06/24(木) 05:10:17|
  2. いけばな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今週のいけばな | ホーム | 今週のいけばな>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoshosai.blog23.fc2.com/tb.php/229-364d3927
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。