叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今週のいけばな

R1127322のコピー


またまた、いけばなに関してです。。。
花器が、敷板モドキの端に寄ってるのは気にしないでね。


今回の花材は杜若(カキツバタ)でした。
毎年、この時期になると、カキツバタを続けてお稽古します。
これがお稽古に来なくなると、夏も近いな~っという気持ちになります。
でも、今年は変な気候が続いてるから、そんな気持ちになるかどうか。。。

カキツバタは、
水仙・葉蘭とともに、難物と言われてます。
嫌いな人は、教室のドアを開けた瞬間に硬直し、帰る理由がないか考えます。
逆に、とても好きな人もいます。
どこかでカキツバタのお生花を見て、その曲線美に魅了され、未生流に入ったという人もいます。
好みがハッキリするのが特徴です。
でも、それは技術的なことで、カキツバタのお生花そのものが嫌いという人は聞いたことがありません。

僕もカキツバタが1番好きな花材です。
教室のオバちゃんにそのことを言うと、
「そんな事言ってられるのも、若いうちやで!老眼になったら嫌いになるわ!」っと言われました。
カキツバタは、自然の中で数枚のセットになっている物を、一度分解し、
葉の裏表、葉先のカギの向きを慎重に見極めて、再び組み合わせて形にしていきます。
この、葉の裏表とカギの向きが、老眼になると解らなくなるんだとか。
文書じゃ解りづらいと思うので、カキツバタが次回もが続いたら、詳しく書いてみます。

今回は材料が少なく、花が2本しか付いていなかったので、主株は2花25葉で活けました。
横姿と水切り葉は余った物での、あしらい程度です。
余った葉が大きいものばっかりだったので、横姿の方が存在感があるけど。。。
花の蕾が奥く向きになってしまっていますが、
もとから曲がっていたので、無理をしませんでした。
あと、控えと相生の位置がちょっと低いかもしれません。
写真だとどうしても、用側の葉の存在感が薄くなってしまう。。。

写真撮影に合わせようと、無理やり花を咲かせようとしたんだけど、残念ながら咲かなかった。
きっと今頃、綺麗にさいている、はず。

R1127331.jpg
おまけ
先週の万作の足元は↑こんな感じでした。
普段は叉木1つだけですが、飛び用だったので叉木を2つ使ってます。
普段は紐で留めたりしませんが、2つ使うと又が裂けやすくなるので、紐で補強してます

叉木は市販のものがあるのですが、うちの教室ではいつも自分で作ります。
市販品を使わないのは、今ではうちの教室ぐらいなものらしいです。
うちの教室の人たちは、師範試験にも叉木を持っていかないので、
他の先生の生徒さん達から、ちゃんと準備が出来てない人達だと思われているらしい。

このまま、いけばな専用ブログになってしまいそうな更新ペースやなあ。。。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/28(水) 18:47:29|
  2. いけばな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今週のいけばな | ホーム | 今週のいけばな>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoshosai.blog23.fc2.com/tb.php/209-51fbca16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。