叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

若松と千両

R1126232.jpg

年内最終のお稽古で活けた、枝若松と千両のお生花です。

いかにもお正月といった取り合わせで、活けていているとお正月が待ち遠しい気分になりました。
最近はお正月らしい風景や行事が減ってきてるし、
お正月だからといって生活に大きな変化があるわけじゃないけど、
やっぱりお正月は楽しみなものですよね。
普段は感想を言ってくれることのない、家族からの評判も良かったです。

ただ、3点ほど問題点が。。。
一つは若松の本数が奇数じゃないこと。
奇数にするのは決まりです。
お稽古ではちゃんと7本入れていたので、これは家に帰って活け直したときの入れ忘れ。
もう一つは、千両の葉が若松の足元を見切っているのがダメ、これも決まり。  
そして、置き位置が敷板モドキの中心からズレてるのは何故だろう。。。
お生花をやってる人しか気付かないかもしれないけど、お正月だし1年の始まりは清く正しくありたいものです。
実家に帰ったら直ぐ修正しときま~っす。

こういった格の高い花を活けると、やっぱり床の間がほしいな~っと、毎回思います。
最近の新築物件でも半間床は見かけますが、いけばなを飾るとなると、最低でも一間床は欲しいところです。
それから、床の間のような低い位置に花を飾ると、低い位置から鑑賞することになるので、
床の間の前、畳2枚分ぐらいは床に座れるようにスペースを確保しないといけません。
床の間がほしいと言っても、結局、最低3~4.5畳の部屋が必要となります。
こんな空間が我が実家に余っているわけがなく、いつもピアノ横のサイドボードに置いて、椅子に座って眺めてます。
このサイドボードは高さが700mmぐらいあるので、お生花を飾ると見上げることになってしまいます。
椅子に座って見るのであれば、椅子の座面前後の高さの台に飾るのがよいと思うのですが。
それから、写真では綺麗ですが、
散らかってくると花を飾っているサイドボードの上にも物が置かれて、見るも無残な状況に。。。
実家に引っ越したら、自分の部屋にでもちゃんと飾るスペースを作ってあげようと思ってます。

あと、
今までテキトーにしか写真を撮ってなかったので、
しっかり撮って、記録を残しておかないといけないなあと思ってます。




スポンサーサイト
  1. 2009/12/29(火) 09:33:00|
  2. いけばな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大吉 | ホーム | 須磨海浜公園駅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoshosai.blog23.fc2.com/tb.php/186-014aeb68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。