叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビエンナーレ出品作

R1125632

ビエンナーレでの花です。
もう2週間がたってしまいましたが。。。

手前に他の作品があり、撮影位置が高くなってしまったため、
頭でっかちになってしまってますね。
フォトショでパースの補正もしたので、なんだか違和感が。。。
フォルムはじっくりと見ないでくださいね。

この写真は、モミジの留めの葉が巻いてきているので2日目の朝に撮ったもの。
モミジって綺麗ですけど、矯められないし水の上がりが悪いので、結構厄介なんです。
今回のような、屋外のコンテナという劣悪な環境では自殺行為。
他流の家元には、「チャレンジャーだね~!!」と、言われました。
んで結局、毎朝8時に生け変えに行くことになりました。
花展は朝がつらいんですよ。 


さて、
何度もこのブログでのせてきましたが、これは格花(お流儀、お生花)という形です。
古典の一つで、江戸時代に大流行しました。
一般の人が、いけばなと聞いてイメージするものは、実は明治以降に考え出されたものであることが多いので、
こういう形は馴染みがないのではないでしょうか?
うちの母も、格花は理解できん!! と、しょっちゅう言ってます。。。


なので、ちょっとだけ見方を説明。

いけ方: 三巻筒 寄せ筒いけ
置き方: 三才
花材 : 高い筒からイロハモミジ・蔓梅もどき、アセビ・雪柳、ホトトギス

二つ以上の高さの違う筒を組み合わせていけることを、寄せ筒いけと言います。
こうすることにより、一つひとつの花は小ぶりでも、合わせて見た時に大きく見える花が活けられます。
そして、複数の花材を使うなどすることで、季節感や風景を表現することができます。

今回の場合は、一の筒にモミジ・蔓梅もどき使って深い山を、二と三の筒にアセビ・雪柳・ホトトギスを使って人里近くを表しています。
三の筒にカキツバタや河骨ねなど水際に生える植物を用いて、山里水を表すこともあります。
場所によって植生が変わるので、表現したい風景にあった植物を使うわけです。

格花は二等辺三角形の枠の中に、役割を持たせた枝を配して、
構成していくということを以前にも書きました。
今回のように複数の筒を使っていける場合、
近景=人里に当たる筒は、その二等辺三角形を意識して活けあげるのですが、
遠景=深山に当たる背の高い筒に活けた花は、そういったことから少し離れて、
植物の個性を生かしながらゆったりと活けます。
近く木は、枝や葉っぱ、輪郭まではっきり見えるけど、遠くに生えている木は霧や霞の影響などを受けて、輪郭がはっきりしませんよね。
いけばなの場合、作品の中にそんなに距離を取ることが出来ないですから、
三角形の輪郭から外すことで、そういったことを表現してるわけです。

ながながと書いただけで、説明になってませんが。。。。
まあ、具象的な表現ではないけど、この活け方の中に風景を見ることが出来るってことですかね。
いけばな展などへ行ってお生花があった時は、こういった見方をしてみてくださいね。


花展では普段のお稽古では、知ることが出来ないことを知ることができます。
今回の出品は、とても良い勉強になりました。


スポンサーサイト
  1. 2009/10/31(土) 23:14:25|
  2. いけばな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トヨタが!! | ホーム | あまった花で>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoshosai.blog23.fc2.com/tb.php/168-4e10dcc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。