叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

道後温泉

R1125424

今回は予定どおり道後温泉の写真です。

写真は道後温泉本館。
明治時代にたてられた建物で、重要文化財に指定されてます。
千と千尋の神隠しに出てくる油屋のモデルの一つとしても有名ですね。
僕は読んでないけど、夏目漱石の坊ちゃんを読んだ人はそっちのイメージのほうが強いのかな?
本館の建物自体はそんなイメージを覆さない、風格があって情緒があります。
特に夜の外観は幻想的。
しかしま~、周辺の建物が。。。。。
雰囲気ぶち壊しです!!
庇付けるとか、格子を付けるだとか、御簾をぶら下げるだとか・・・・、
もうちょっと何とかできると思うんですけどねぇ。

ご飯を食べて温泉入って休憩所で夕涼み、そんなことを考えてはいたのですが、
シルバーウィークの大混雑でそんなわけにはいかず、この夜は地元の人が多く利用する
椿湯という公衆浴場へ入ってきました。
それでも人でいっぱいだったけどね。

R1125432

で、
さすがにここまで来て本館に入らないわけにはいかないだろ~!! ということで、
モツヲと朝風呂へ行ってきました。
しかし、同じようなことを考える人は多いようで、並んではいませんでしたが、それなりに混んではいました。

道後温泉には神の湯と霊の湯という浴室があり、
さらに、神の湯 + 入浴のみor大広間、霊の湯 + 大広間or個室 というふうに、
浴室と休憩所の組み合わせが4通りに分かれています。 
神の湯と霊の湯はさほど雰囲気に変わりはないと聞いたので、
僕たちは2番目に安い 神の湯+大広間にしました。

上の写真は休憩所。
一番、道後温泉らしいところだと思います。
温泉から上がって休憩所へ戻るとお茶とお菓子がサービスされます。
浴衣を着て休憩もできるのですが、制限時間が1時間と決まっているので、
着替えたりする時間を入れると、結構慌ただしいことになってしまいます。
なので、僕たちは浴衣を着るのはやめて、ゆっくり休憩しました。

R1125434

大広間は外に向かって開かれてます。
風が通り抜けていい気分。
これで目の前に瓦屋根の連なりが眺められたりしたら良いのでしょうけれど、
周辺は何の情緒もない建物に、土産物屋のセンスのない看板。。。
千と千尋の世界観に浸ることを許してはくれません。

道後温泉は以上!!



これまでに色んなとこへ行ってきましたが、なんやかんやで、温泉もたくさんいってます。
覚えている範囲では、、、、

金沢名古屋旅行    金沢アパホテル温泉
東北旅行        湯沢温泉、会津東山温泉
日吉ダム日帰り    日吉温泉
中部地方旅行     星野温泉、白骨温泉、大名古屋温泉
九州旅行        ラムネ温泉、湯布院温泉、ランプの湯
今回の旅行       道後温泉

この中でイッチバンよかったのは!!
白骨温泉!!
いろいろあって大変な旅行でしたが、これである程度は癒されました。
冬にはスキーキャンプで学生が泊るようなヘボイ施設だったんですけどね。
しかも、やたらと遠くて内藤さんのちひろ美術館が見れなくなっちゃったんですが。。。
やっぱり乳白色の温泉は良いですな!
また行ってみたいものです。

目指せ!温泉ソムリエ!





スポンサーサイト
  1. 2009/09/29(火) 02:42:40|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビエンナーレ開幕!! | ホーム | 四国旅行 こんぴらさん 坂の上の雲>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoshosai.blog23.fc2.com/tb.php/161-3b432ba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。