叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

香港写真 iphone加工

香港旅行③があったのを忘れてました!!

今更、ダラダラ書いてもしょうがないので、一枚だけ試しにiPhoneで加工したものを乗せておきます。
このアプリは、撮った写真をポラロイド写真のように加工してくれるというもので、
ポラロイド写真のそれと同じように、文字を入れることができます。
今回は、なぜか文字がうまく入らなかったんですが。

IMG_0295.jpg
R1124490のコピー←元画像

ペニンシュラホテルの最上階にある、巨匠フリップ・スタルクによるフィリックスというバーです。
いくつかのゾーニングがされていて、バーだけではなく、食事もできます。
まあ、あのドギツイ空間でフレンチを食べるのはどうかと思うので、
お酒を飲みながら、スタルクによる空間と、香港の夜景という、非現実感を楽しむのがよいと思います。

このコロニアル様式の世界屈指の超高級ホテルは、各種ガイドブックにも紹介されているように、
エントランスロビーでのアフタヌーンティーが有名で、
明らかにその場に相応しくない日本人(もちろん僕たちも)であふれかえっているのですが、こちらのバーはそれなりのカッコをした白人客ばかりです。日本人は皆無。
只ならぬ雰囲気をかもし出したエントランスを前にすると、大抵の日本人はビビリますから。
しかし、百戦錬磨の僕たちは臆することなく突入。
こういう所は、デザインやってますオーラを醸し出せば、突破できます。
きっと、効き目はないけれど (笑)。
強い気持ちがあれば大丈夫。
4年間、いろんなところへ行って習得した技ですな。

とりあえず、他の何処にもない空間だとおもうので、
香港旅行のクライマックスにはおススメですよ。

さて、香港旅行はこれで完結!!


IMG_0290.jpg
R1124151のコピー
ついでに、前にも載せたけど加工したものをもう一枚。
右側の椰子の木が気に入ってたので、トリミングは考えてなかったんだけど、
椰子の木なくてもいいかもな。


スポンサーサイト
  1. 2009/07/06(月) 04:42:00|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<祇園祭り 最近の動向 | ホーム | 2010S/S パリ・ミラノコレクッション雑感>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoshosai.blog23.fc2.com/tb.php/147-80b9c2f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。