叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

はじめました

いまさら・・・という感じですが、ブログをすることになりました。
平凡な生活なので書くことがあるか心配ですが、がんばってみようと思います。
とりあえず、建築・デザインの話題を中心に、いけばなを週一回、料理を作ったりどこかへ行ったりしたときはそれを書く予定です。

今日は、最近行ってきたところを紹介しておこうと思います。

昨日は 河口龍夫展 -見えないものと見えるもの- を見るために、兵庫県立美術館へ行ってきました。
作品は、いわゆる現代アートなので好き嫌いがはっきりと分かれるものだと思います。展示室全体を使ったインスタレーションが中心で、-見えないものと見えるもの-というテーマに沿って、9つほどの展示室と展示スペース(廊下、中庭、階段など)で展開されていきます。
個人的には《関係-エネルギー》という作品が好みでした。これは、床一面に広げられた電源コードに電球やモーター、ニクロム線、ベルなどがつなげられていて、電気のエネルギー(=見えないもの)が光や熱、運動や音のエネルギーに変換される様子を作品としています。
この展覧会の大部分を占める、植物の種子を鉛でコーティングしたものを使った展示も良いと思いました。
全体的に「もの派」っぽい雰囲気を感じる内容で、どうしたいねん?と、ツッコミを入れたくなるような面もありますが、単純に見て回るだけでもある程度楽しめると思います。

こういった展覧会は関西では人気がありません。平日だからというのもあるとは思いますが、前に行ったヴィルヴィオラ展なんかもひどくて、最後まで誰にも会いませんでした。東京ではある程度集客があるとおもいますが・・・それだけ新しいものに興味がある人、新しいものを生み出す人が一極集中しているということなのでしょう。でもゆっくり見たいときには、逆にねらい目かもしれませんね。
 美術館の建物と相性がいい展覧会だったので、建築批評でもあわせてしようかと思いましたが、カメラを持て行くのを忘れたのでまたの機会にします。


次は文化祭最終日に行った曼殊院です
P1080386.jpg

P1080433.jpg

P1080434.jpg


あらら?おなじサイズになりませんねぇ、どうして?
曼殊院は工繊から結構近くて、一乗寺の商店街をひたすら山のほうへ行けばたどり着きます。
ちょうど一年前にも訪れました、自転車で。行ったことがある人はわかると思いますが、かなりの坂道(自称神戸人が言うのだから間違いない)です。もちろん今年も自転車で行きました。バカは高いところが好きなのです。しかも今年は一度も地面に足を着くことなく上りきりました。体力の衰えを感じ始めた今日この頃ですが、この一年は体力に変化は無かったようです。バカですね。
紅葉のほうはといいますと、見頃のものと、まだ黄色いものとでちょうどいい感じでした。もみじの木は境内よりも門前や池の周りに多くて、お金を払わなくても見ることはできます。ただ、車が通ったり、人が多いのでじっくり見ることはできません。洛北で1、2を争う紅葉の名所なのでしょうがないですね。
曼殊院自体も八窓軒(茶室。今回は遠慮しましたが、千円払えば見ることができます。)や狩野永徳の襖絵など見所が多いです。また桂離宮と類似点が多く、ブルーノ・タウトが「小さな桂離宮」だと絶賛したそうで、建築学科の学生はとりあえず見ておくべきなのでしょう・・・。
個人的には枯山水の庭が気に入りました。建物のほうは、庭に降りられず外観が見れなかたので、どう評価をすればよいのか困りました。比較的大きな建物なので室内からだけ見ていると、自分のいる位置や、空間の輪郭が曖昧でよくわからなくなるときがあります。
それと、味があると感じる人もいるかも知れませんが、全体的に傷みが進んでいるという印象が強く残りました。こういった簡素な建物は管理が難しいのでしょうね。好みの問題かもしれませんが、人の少ないときにゆっくりと見れば、また印象が変わるのかもしれません。また行ってみます。
スポンサーサイト
  1. 2007/12/05(水) 23:35:34|
  2. 京都散歩
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<マンションの廊下、谷口さん | ホーム |

コメント

ついにブログを書きましたね~!
おめでとう!w
細く長く続けていきましょう、お互いに。

河口さんの展覧会、行ってみたいけど、遠いわ~(>_<
それに「もの派」って聞くと、反射的に身構えるw
なにが言いてえんだ、このやろう!
って江戸っ子が出てきてしまいます。。。
でも、電気のやつ、気になった。

ヴィル・ビオラは東京の六本木でやったやつはすごい人で邪魔だったぞw
カップルとおばちゃんが大体多いんだよな。
おばちゃんは分かるけど、カップルはかっこだけで来てるやつが多い気がするよ(断じてひがみじゃないよw)

写真。。。おかしいね~。
万寿院、おれもまた行ってきます!
  1. 2007/12/06(木) 03:56:20 |
  2. URL |
  3. みにぱんさ #-
  4. [ 編集]

写真でかっ!!
全体像が見えません。

『平凡な学生生活』では決してないと思うけど続くようにがんばってくれ。
今度揚げたてのトンカツを食べさせてください。


みにぱんさの
>カップルとおばちゃんが大体多いんだよな。

同感です。
そして、
カップルは明らかに方方興味無いやろ!って感じやし。
おばちゃん達は話がうるさいです。
  1. 2007/12/06(木) 15:30:39 |
  2. URL |
  3. tamae #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoshosai.blog23.fc2.com/tb.php/1-dcfa63d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レタッチ、アメリカン・タイポグラフィ

今日は学校に行って、授業を受けたあと、急遽Janeの作品の撮影を依頼され撮りました~! ボトルの撮影は、これで3つめなので、かなり慣れてきました。 が、光の読みがまだあまい...
  1. 2007/12/06(木) 03:59:18 |
  2. casa panther
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。