叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今週のいけばな 朝鮮槇

DSC02735.jpg

どうも、お久しぶりです。

少し前になりますが、、、

お盆だったので、定番のお槇を活けました。

高野槇や犬槇など、槇にも種類がありますが、
生花で生けるのは、大抵が朝鮮槇です。
お墓にお供えするのは、高野槇です。

去年は、高い方の筒に縦姿を生けて、低い方に横姿を生けていたので、
今年は上下を逆にしてみました。
高い位置に横姿を型通りに生けると、その下の余白が広くなりすぎて寂しいので、
横姿の用を流して、余白に動きをつけています。

今回のお槇は、付枝(軸から左右に分かれ出た枝のこと)が沢山ついていたので、
それを活かすように心がけました。
一般的にお生花では、この付枝が多いほうが生けやすくなり、
足元の本数も少なく、品良くまとまります。
まあ、付き枝を使わず、沢山本数を生ける流派もあるので、一概には言えませんが。
未生流では、2、3本で仕上げるのが理想らしです。

今回は、横姿を流したので、やや重心が左に寄ってしまったようです。
縦姿の体を高く伸ばし、用をもう少し張り出せばよかったと思います。
付枝の長さにも左右されるので、なかなか思うとおりにはなりませんでした。
二菅筒の方が、三菅筒よりもバランスを取るのが難しいような気がします。




いつもご覧いただきありがとうございます。

ツイッターに続き、フェイスブックも始めましたので、
こちらの方でも、よろしくお願いします。

http://www.facebook.com/shoshosai

https://twitter.com//shoshosai
スポンサーサイト
  1. 2011/08/29(月) 02:03:31|
  2. いけばな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週のいけばな

おひさしぶりです。

時間がなく、しばらく更新を怠っていたので、
今回は3回分をまとめて。

檜扇

祇園祭の花、檜扇(ヒオウギ)です。
祇園祭は別名 屏風祭りとも呼ばれ、
歴史のある名家では秘蔵の屏風を飾りつけ、一般に公開します。
その屏風の前に必ずと言っていいほど飾られるのが、この檜扇です。
葉の形状から檜扇そのものも、屏風に見立てられているようです。

夏までに日照りが良い日が続けば、茎の曲がりが強くなり、
悪い日が続けば、曲がりが無くなるそうです。

お生花では、曲がりがある方が生けやすく、面白い仕上がりになります。
曲がったものがなければ、撓めて曲がりを作ることになるのですが、
折れやすく、なかなか苦労を強いられます。
膝に押し当てるようにして撓めると、丁度良いアールと膝の温かさで、
ある程度はキレイに曲がってくれます。

今回は曲がったものがなかったので、スッキリとした仕上がりになったと思います。


アセビ

馬酔木(アセビ)です。

こんもりと葉が生い茂るのが特徴なので、
格先を見せずに扱います。
他の花材とちょっと違うので、なかなかコツをつかむのが難しいです。
嫌いな方も多いようです。

撓められない花材とされていますが、
若めの枝であれば、わりと曲がってくれます。

今回は時間がなく、稽古場で生けることができず、
先生のチェックを受けていませんので、悪いところが結構あると思います。


DSC02679のコピー

杜若です。

葉の幅が広いものだったので、
柔らかい印象になりました。
  1. 2011/08/01(月) 01:37:43|
  2. いけばな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。