叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お知らせ

無題

未生流の会館へ、神戸ビエンナーレの説明を聞きに行ってきました!!

気が早いけど、とりあえずお知らせ。
まだまだ遠い先の話なので、分からないことだらけなんですけどね。

僕が出品するのは 第4期 10月15日(木)~18日(日)です。

たぶん、お流儀をいけます。
コンテナの中にいけてどうなるのか、まったく想像がつきませんが。。。。

会期が近くなったら、またお知らせします。


スポンサーサイト
  1. 2009/07/28(火) 05:35:30|
  2. いけばな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

虎屋

御所の横にできた虎屋茶寮へ行ってきました。
建物は内藤廣さんによって、つい最近リニューアルされたとこです。

ミッドタウン店と御殿場店、
それからメディアに登場していない虎屋工房も、内藤さんが設計してます。
クライアントとの良好な関係を築くことが、良い建築を作るコツだ!っと、
おっしゃる建築家は多いですが、内藤さんは見事に実行しておられますね。

虎屋のホームページにものってないので、写真はここで見てね→虎屋工房

IMG_0323.jpg
カメラを忘れたので良い写真がないです、お許しを。。。
ほかは内藤さんのホームページをみてくださいな→http://www.naitoaa.co.jp/02/trk/trk.html

切妻平屋で、軒下には縁側のように半屋内として使える空間。
京都という土地柄からか、建物は日本を強く意識したものになっています。

しかし、垂木あたる部材はアーチを描いていて、屋根の頂部はトップライトになっています。
海の博物館もそんな感じでしたかね。
ちょっと違うのは、あっちが明らかに構造部材だったのに対し、
こっちは構造的に有効であるようには見えないこと。
もちろん、構造上重要な意味があるんでしょうけどね。
部材が華奢であることと、垂木を支える軒桁に当たる部材が無いから、その様に見えるんでしょう。
柱もとても細くって、びっくりします。
一見すると、奇をてらったところのない、シンプルで綺麗な建物に見えますが、
よく見ていくと、すごいことをしているのがわかってきます。
普通に見えて、実は変態っていうのが、カッコいいですね。

いけばなや置かれている本も、とてもセンス良くまとめられていて、
良い空間になっています。

このクソ暑い夏に、生け花を外にも飾っているのはすごいです。
いけばなの先生が、毎日いけ変えて居られるのでしょう。
僕にはわかりますよ!!ご苦労様です!

IMG_0319.jpg
さて、建築よりも商品のほうが重要であることをわすれてはいけません。

僕が食べたのは餡蜜とお抹茶のセット。
1500円ぐらいだったかな?
しょっちゅう通うには辛いお値段です。

味は非常にお上品。しかし、しっかりとしたお味。
スーパーなんかで売っている、和菓子の甘さとは全然違います。
お抹茶もとても飲みやすいです。
たま~に、こういうちゃんとした所でたべると、普段の荒んだ食生活が浮き彫りになっていいですね。

忘れた時に、また行きたいな~。




  1. 2009/07/23(木) 15:35:30|
  2. 京都散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祇園祭り 最近の動向

R1125102.jpg

京都は祇園祭りが終わって、これから夏本番を迎えようとしています。
これ以上暑くなるかと思うと、やる気をなくしますね。。。

さすがにクーラーなしでは作業効率があまりに悪いので、窓用エアコンを買いましたよ。
値段は26000円でした。
窓用なので暖房機能はないし、2年間限定で使うと考えると高い買い物です。
が、やはり現代のスピード社会ではクーラーなしではやっていけませんね。
建築家で、クーラーなしでも住めるということを売りにしてる人もいますが、
ありゃぁ、綺麗ごとですよ。
まあ、社会から一定の距離を保った生活をしてる人はいいんでしょうけどもね。




最近は再び映画を見はじめ、そして何故だか?本を読むようになってます。
本といっても、iphoneのi文庫というので見てるんですけど。
アプリを450円でダウンロードすれば、著作権の切れた7000作品が読み放題です。
文字は普通の文庫より小さいですが、拡大もできるし、
ページをめくるのも簡単なのでストレスは感じません。
それに、荷物にならないのがありがたいです。
買ったり、借りたりするのが面倒な人にはいいでよ。

ここ3日は小林多喜二の「蟹工船」と岡倉天心の「茶の本」を読みました。
現代社会の問題点とリンクするところがあったりと、蟹工船も興味深いですが、
ぼくのおススメは「茶の本」!!
これは日本美術や日本の文化を学ぶ上で必読書のひとつとして、数えられるそうです。
前半は、やや読みにくい内容が続きますが、茶室や花について触れられる後半は、
比較的読みやすくておもしろいです。
僕は華道をやっているわけですが、これを読んだことで頭の中の整理がついた気がします。
岡倉天心といえばフェノロサと一緒に、国宝級の芸術を国外に持ち出したという、
悪いイメージが先行しますが、ちょっと天心を見直しました (笑)

映画は「ヘアスプレー」「ホテルルワンダ」を見ました。
んで、「テレビ見仏記」のDVDバージョン!!

みうらじゅん・いとうせいこうのTV見仏記 1 [DVD]みうらじゅん・いとうせいこうのTV見仏記 1 [DVD]
(2002/11/22)
みうらじゅんいとうせいこう

商品詳細を見る

まさに、僕の好みど真ん中ですよ!!
もとは、有料の京都チャンネルでたまにやっていて、関西テレビでも流れたりしていたものです。
なんといても、キャストのお二人のコメントがすばらしい。
本も出ているので、ゆくゆくはそちらも制覇したいと思っています。
だれか、僕と一緒に見仏してくれる人はいませんか?

いや~、岡倉天心に仏像とは、文化的な生活ですねぇ (笑)

  1. 2009/07/19(日) 05:01:58|
  2. 京都散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香港写真 iphone加工

香港旅行③があったのを忘れてました!!

今更、ダラダラ書いてもしょうがないので、一枚だけ試しにiPhoneで加工したものを乗せておきます。
このアプリは、撮った写真をポラロイド写真のように加工してくれるというもので、
ポラロイド写真のそれと同じように、文字を入れることができます。
今回は、なぜか文字がうまく入らなかったんですが。

IMG_0295.jpg
R1124490のコピー←元画像

ペニンシュラホテルの最上階にある、巨匠フリップ・スタルクによるフィリックスというバーです。
いくつかのゾーニングがされていて、バーだけではなく、食事もできます。
まあ、あのドギツイ空間でフレンチを食べるのはどうかと思うので、
お酒を飲みながら、スタルクによる空間と、香港の夜景という、非現実感を楽しむのがよいと思います。

このコロニアル様式の世界屈指の超高級ホテルは、各種ガイドブックにも紹介されているように、
エントランスロビーでのアフタヌーンティーが有名で、
明らかにその場に相応しくない日本人(もちろん僕たちも)であふれかえっているのですが、こちらのバーはそれなりのカッコをした白人客ばかりです。日本人は皆無。
只ならぬ雰囲気をかもし出したエントランスを前にすると、大抵の日本人はビビリますから。
しかし、百戦錬磨の僕たちは臆することなく突入。
こういう所は、デザインやってますオーラを醸し出せば、突破できます。
きっと、効き目はないけれど (笑)。
強い気持ちがあれば大丈夫。
4年間、いろんなところへ行って習得した技ですな。

とりあえず、他の何処にもない空間だとおもうので、
香港旅行のクライマックスにはおススメですよ。

さて、香港旅行はこれで完結!!


IMG_0290.jpg
R1124151のコピー
ついでに、前にも載せたけど加工したものをもう一枚。
右側の椰子の木が気に入ってたので、トリミングは考えてなかったんだけど、
椰子の木なくてもいいかもな。


  1. 2009/07/06(月) 04:42:00|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010S/S パリ・ミラノコレクッション雑感

お久しぶりで~っす!

やる気のまったくでない、無気力状態が続いてましたが、
昨日はパソコンのリカバリをするという、面倒くさい仕事かたづけました!!

ハードディスクをタニヤマムセンで買って、バックアップを取って・・・。
もう、当分やりたくないですね。

でも、まだ各種ソフトウェアのインストールをしてないので、今日も半日はそれに費やされる予定。。。
今日もがんばろう!!




世の中はセール真っ只中?ですが、皆さんは何か買いましたか?

僕はアメリカンラグシーでスニーカーと、ディーゼルでシャツを買いました。
でも、これだけでは夏を乗り切れそうにないので、セール終盤にもう一回出陣予定。

消費するだけの僕は楽ですが、デザイナーは大変です。
先日、ミラノ・パリ 2010S/S メンズコレクションが終わりました。
つい最近、A/Wのことを書いたのに、、、半年て早いですねぇ。。。

こんなペースで作品を発表し続ける、デザイナーたちはどんな生活を送っているのでしょうか??
プレタポルテのレディース、メンズだけではなくて、オートクチュールもありますからね!
アルマーニなんかにいたっては、ファーストラインのレディース・メンズ、
エンポリオラインのレディース・メンズ、そしてオートクチュールであるアルマーニプリヴェと、
1シーズンで5コレクションも発表してます。
どこまで自分でやっているのかわからないけど、家具も作ってるし。
僕には到底、真似できねぇな!!

さて、主要メゾンについて雑感を。

GUCCI
いつもとはちがって、モノトーンでした。
シルエットもこれまでのタイトなものから、ややルーズに。
気のせいかな?
特に革新的ではないけど、好印象なコレクション。

Dolce & Gabbana、D&G
07-08A/Wのぶっ飛んだコレクションを境に、原点回帰しつつあるドルガバ。
ブランドの円熟期ということでしょうかね。
デニムのクラッシュ具合やアイテムから、5~7年前のコレクションを彷彿とさせます。
かといって、シャツのボタン全開のギラギラではなくて、とても大人なコレクションです。

Dior
ど~なんでしょうねぇ・・・。
前回より増して、クリスヴァンアッシュのカラーが出てるんですが。。。
やっぱり、Diorに求めるモノとなると話は変わってきます。
エディ・スリマンの後遺症は大きいなぁ。
ガレス・ピューに変わるという話がありますが、そうなりそうな予感。
クリス・ヴァン・アッシュは好きなデザイナーなので、自身のブランドでがんばってもらいたいな。

Burberry Prorsum
今年の夏物のほうがいいと思うけど、アイテム別にみるといいものもあります。
青や黄色のブルゾンがいいですな。

Bottega Veneta
すばらしい!
30歳を超えたらこんなのが着たい!!
ムリそうですね。。。
最近は、なぜアンタが!!って人まで、ボッテガの革製品を持ってますが、
せめて、ウェアラインまでは大衆化しないでもらいたいな。

PRADA
これまでプラダはあんまり好きなほうではなかったけど、今回のは僕好み。
保守的な僕が好きだということは、革新的ではないということでしょうか。
パンチングを施されたアイテムが印象的で、
なかでも、帽子は木漏れ日のような効果を生んで面白い。
コンスタンチン・グルチッチのMYTOみたい。

Lanvin
前のシーズンよりも増して、シックなコレクションになりました。
僕は好きですよ。
モデルの年齢層もあがったようです。
今期は、シックで大人っぽいというのが大きな流れのように思います。
世界不況のこのご時勢、男は頼りがいがなくては!ということなのでしょう。
草食系男子も絶滅寸前か??

まだ書き足りないが、このあたりで終わり!!
  1. 2009/07/03(金) 12:36:39|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。