叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初フィルム写真

03260036.jpg
12月の初めに行ってきた、金沢旅行の写真をやっと現像に出してきました。
いつものGXではなく、借りたDIAL35です。
デジカメ世代の僕にとって、フィルムカメラはこれがはじめての経験。

受け取った写真を見て見ると。
ザリザリ、ボケボケ。。。
あらあら。。。

設定を間違えたかな??
焦点距離は、∞になってたんだけど。。。
まあ、味があるといえば、そう見えなくもないけれど。

03280029.jpg 豊田市美術館のキャノピー越しにみた、夕焼け。

03280031.jpg 21世紀美術館。設計者のSANNAがデザインした椅子。

03280032.jpg これも21世紀。

03260006.jpg 金沢名物 海鮮丼を食べた市場。
普段は撮らないような被写体です。

03260028.jpg お城のお堀だったかな。

以上。

フィルムとデジタルの写真を比べると、被写体が全然ちがうことに驚きました。
近寄った写真や、日常的な風景を撮ったものが多いように感じます。
画角が違うということと、
デジカメのように、画面で確認ができないことによる諦めが、大きく影響しているように思います。
フィルムカメラの方が気楽に取れるように感じました。

そのうち、フィルム写真にも手をだそうかなぁ。

スポンサーサイト
  1. 2009/02/24(火) 14:05:38|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼肉 上賀茂神社 Cafe Doji

R1123713.jpg

昨日は卒制展の最終日で、作品の搬出がありました。
展覧会の準備や搬入は大変ですが(意匠の皆さんご苦労様)、終わりというのはあっ気ないものです。
意外と達成感というのは、伴いません。

と、いうわけで。
こんなときは打ち上げでしょ!!ということになり、焼肉へ行ってまいりました。
そうです! 週2で焼肉です!
文句あるか?
その後、ゲンザえもんの横のbarへ移動し、飲みなおしました。
寝たのは4時。

今日は9時から、みにぱんさ氏に模型の撮影を依頼していたのですが、
2人とも寝坊して、学校のスタジオに着いたのは11時。
午後から先生がスタジオを使うことになっていたので、
準備していたものを使うことなく、片付けだけをして午前中が終わりました。。。
卒制のすべての日程を終えたことで、緊張の意図が切れたのでしょうかねぇ。

そして、昼からはモツヲと たまゑさんが合流して、上賀茂神社へ。
好き好んで、この寒い日に神社へ行ったわけではありません。
そうです、まだレポートが残っているのです。
18日から2日間、姫路のほうへ旅行に行くので、それまでにレポートを仕上げなければなりません。
あぁ、憂鬱です。
僕は感想文的?な、自分の思ったことや考えを文書にするのが超苦手なので、
毎回レポートにはものすごく時間がかかってしまいます。
そのために、このブログをはじめたのに。。。
客観的に、見たまんまをそのまま文書にするようなのなら書けなくもないんですが。

そしてそして、遅いお昼ご飯を食べるため、久々に カフェ ドジ へ行ってきました。
http://doji.jp/
ウォーホルとピカソのポートレートを油彩化した絵がかっこいい。
カフェにしては巨大なこのお店を、どう経営しているんだろうか?
オーナーの趣味でやっているのか?
そんなことを考えながらグダグダしてました。

そして、明日は いけばながあるので、今は神戸にいます。
散財しまくりの、ここ二日間です。



ブログに何回か書きましたが、僕は光を見るとクシャミがでます。
しかも連発。
そして今日、妹が見ている、法医学を取り上げたヴォイスというドラマに、
光くしゃみ反射という現象の話が出てきていました。

もしや!と思い、ウィキで調べてみると、
http://ja.wikipedia.org/wiki/光くしゃみ

絶対これです!!
さんざん周りの人に、そんなことあり得ない!っと馬鹿にされてきましたが、
やっと、原因が判明!
しかも、日本人の15~30%!
これで思う存分、クシャミができるぜ!!

  1. 2009/02/17(火) 04:16:28|
  2. 京都散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

卒展 中華 焼肉

R1123554のコピー

R1123544.jpg
上は卒制初日の様子。

卒制展も残すところ2日です。
僕は、ディプロマの方には出品しないので、これが終われば卒制の全工程が終了します。

昨日は母が母の友人と共に神戸からやって来ていました。
下宿を決めるとき意外、一度も来たことがなかったのに、なぜ来たのでしょうか? 謎です。
まあ、おいしい中華が食べられたのでいいんですけど。
http://www.oldhongkong-kyoto.com/
↑cocon烏丸の地下にある店で、安いランチもあるのでオススメです。

んで、14:00~19:00まで会場の係りをした後、卒制の打ち上げのために 焼肉 弘 へ。
しか~し、なんと!
僕のお手伝いさんが、某大手工務店の模型作りのバイトに長時間拘束されてしまい、
来れないことに。。。涙
結局、夜間メンバー3人と3回生が一人で、いつものような焼肉になりました。

しかしま~、弘の肉は旨いね!しかも安い!
単品で好きなだけ頼んで、飲んで、4000円ですよ!
また、すぐにでも行きたいな。

そんなこんなで、昨日は食べ物に恵まれた1日でした。

  1. 2009/02/14(土) 03:18:39|
  2. 日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

卒業制作展 テスト 天丼

R1123538のコピー

今日は大忙しな日でした。
なんと、テストと卒業制作展の搬入が重なってしまったのです。。。
まあ、4回のこの時期にテストっていうのも、可笑しな話ですけどね。

昨日の夜から法規のテストの準備を始め、2時間ほど仮眠をとって、
7:30に学校へ行き、トラックへ荷物を積み込み、
10:30~12:00の法規のテストを受け、
即行で文化博物館へ行き、自分の模型と図面を展示。
15:00に学校へ戻ってコピーを取り、
16:10~17:50の建築生産のテストを受ける。
そして、何時もの様に製図室でグダグダした後、
一乗寺の塩釜で↑の天丼とそばのセットを食べました。

まあ、こういう忙しさってのも、僕は嫌いじゃないんですけどね。
いけばな展なんかでもそうですが、展覧会が始まってからよりも、
直前の準備から搬入までの方が面白いんです。
建築家は自分の設計した建物が完成した時よりも、
棟上の時のほうが興奮すると言う人が結構いますが、それと似た感じではないでしょうか。
コレはなんか、すごいものが出来るのかもしれないぞ!っという、瞬間があります。
蓋を開けてみれば、以外と 普通だな、、、 と思っちゃう事が多いんですけどね。
しかし、これは比較的自分に余裕があって、周辺の状況を楽しむ余裕があった時に限った事なのかも知れません。
今回は図面も模型も、自分の満足のいく?諦めがつく?ところまでは出来ていたんで。

明日も10:00のオープンまでには文化博物館まで行かなくてはなりません。
眠たい、でも やることが溜まっている。。。



レム・コールハースの設計で、
もうすぐ完成を迎えようとしていた北京のCCTVが燃えちゃったようですね。
http://news.searchina.ne.jp/special/09_cctv.html
印象的な門型の建物のほうではなく、別館みたいですけど。
あ~もったいない。

  1. 2009/02/11(水) 00:05:21|
  2. 日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009A/W パリ・ミラノ コレクション

R1123508のコピー

今日は夕方5時ぐらいにおきて、学校へ行って卒制の模型を梱包する箱を作りました。
そして、夕食?にモツヲ氏と将月へ行った後、向かいにあるバーへ行ってきしました。
僕はお酒ではなくコーヒーを飲んでましたけどね。
1時ぐらいまでグダグダして、その後学校へもどって続きをやりました。




オートクチュールの発表を終え、ミラノから数週間続いた流れも終わりましたね。
そうです、もう年末から来年にかけての話題です。

戦争や経済危機などで社会情勢が不安定な時、
ファッション業界では黒やグレーなどの暗い色使い、
もしくはハッピーな世の中を望む、明るい色やモチーフが登場することが多いですが、
1929年の再来となった今年のコレクションはどうなったのか。

少なくともカール先生のシャネルの真っ白なオートクチュールは、影響があるみたいですね。
アルマーニがメンズコレクションの最後にオバマ大統領のバッチを付けて登場したのも、
そういったことからでしょうね。

コレクションの内容だけではなく、
経済危機はメゾンの参加数にも大きく影響を与えたようです。
多額のお金がかかるオートクチュールではメゾンが減少し、
ショー形式からお金がかからないプレゼンテーション形式へ移行が多くあったとか。
しかし、メンズのほうはメゾンが増加したようです。
経済危機で全体的にショーにかけるお金が減ったために、
今まで出品できなかったような若手デザイナーにも、発表のチャンスが回ってきたってことかな?
よく言えば、裾野が広がったってことか?

そういえばシャネルのモバイルアートも予定を切り上げて終了するという、ニュースもあったなぁ。


さてさて、メンズの中から気にいったのをいくつか。

http://www.afpbb.com/fashion/feature/689
ザックリとなら↑このページが見やすいです。
しっかり見たいなら、ヴォーグかyou tubeでどうぞ。

まず、dior homme
クリス ヴァン アッシュがクリエイティブディレクターに就任してから4シーズン目、
伝説的?とも言えるエディ スリマンのディオールから、緩やかな移行が進めれれてきましたが、
今回でそれが終わった感じのする内容です。
クリスヴァンアッシュのディオールになりました。
ざっくりとしたタートルネック?とタイトなジャケットのバランスがすばらしい!
パンツのシルエットもいい感じです。
と、思ったら。。。クリスさん止めされちゃうみたい。
エディ スリマンのあとでは厳しかったのかな。。。

Burberry Prorsum
変な話ですが、バーバリーのコレクションにバーバリーチェックが出てくるのって新鮮ですね。
バーバリーチェックと言えば、日本では没個性の象徴ですが、
今回ばかりは、来年のために買っておこうかなぁ...と思ってしまいました。
クリストファー・ベーリーはハズレがないな~、すばらしい!

GUCCI
ジャンニーニかわいい!!それでいて ロックテイスト!
シルエットなんかは、就任してからずっと変化がないような気がしますが、それでもいいんです!
僕はそれが好きですから!
パンツとか細すぎて、僕には一生着れないでしょうけどね。。。

LANVIN
エディースリマン亡き後、メンズファッションのトップに君臨しているのがランバンです。
そんなに僕は好きではなかったんですけど、今回のは僕好みです。
ルカ&アルベールはドルチェ&ガッバーナ以上に漫才師っぽいなぁ。

Alexander McQueen
金に目がくらんだのか、あのガリアーノ先生がやや売りやすそうな服を発表するようになってからは、
マックイーンにも目がいくようになりました。
春夏は好みじゃなかたけどね。
片側がジャッケットでもう一方がジレとシャツという、アンシンメトリなルックがいい。

マサトモ
服じゃなくて、竹中直人の中途半端なキメ顔がイイ!!

まあ、今季はこんな感じで。
プラダやラフシモンズをピックアップしないところから、僕の好みを察してください 笑。

オートクチュールは大体見たのですが、まだレディースまでは見れていません。
面白いのがあれば、また載せます。
  1. 2009/02/01(日) 05:28:55|
  2. 日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。