叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

免許の更新

先週の月曜日に、自動車免許の更新に行ってまいりました!

神戸市民なので場所は明石更新センターでした。
これがまた辺鄙な場所で、行くのが大変なんですよね。。。
9時に受付が始まるので、8時10分に家を出て8時45分ぐらいに更新センターに着きました。
順番待ちの人が思ったよりも少なかったので、朝一の講義を受けることができました。

僕は初回の更新なので、違反運転者の方々と一緒に、2時間の長い講習でした。
違反運転者と思われるのやだな~と、ちょっとキョロキョロ。
あまりに早く受付を済ませてしまったので、一番前の席に座らされてしまいました。。。
もちろん、交付される順番は早くなるですが。

先に、京都で更新を済ませたminipanther氏が 片山右京がビデオに出てきた!!と言ってたので
楽しみにしていたのですが、出てきたのはキャスターの福留さんでした・・・・・残念
やっぱり地域によって、やり方が違うようです。
F1の時のような、右京さんの主観的な喋りを期待していたんですけど。。。
「スピード出したくなっちゃう気持ちは解りますけどね~」みたいなやつね。
残念、残念。
福留さんじゃ、ちょっと重たいんですよね。
狙いどうりなんだろうけど。
おかげで2時間がすごく長く感じましたヨ。



ヨーロッパGPの、バレンシア市街地コースは期待していたほどよくなかったですね。
もちろん町並みはキレイなんですが、カラトラバ先生の建築群が全く出てこない!!
これのことですよ→ http://www.cac.es/
よく、車のCMで使われてます。
やっぱり、これを見せないと!
コース途中に通過する橋はカラトラバ? 違うよね?

それからモナコみたいに高低差がないから、コースの全体像がつかみ難かったですね。
観客席と防護柵がずっと続いてるかんじで、町並みもうかがい知れなかったし。。。
やっぱ、モナコだな!






講習が早く終わったので、昼食をとって、明石周辺をブラブラしました。
でも、コレといって面白いものも無く暑いだけだったので、某氏設計のターミナルでちょっと休憩。
横尾忠則展をみにいった時もよったので、特に目新しいことは無かったですけど。
R1122115.jpg
外観はスパンドレルやH型鋼など、
どこにでもあるような素材で構成されているので、期待して見に行くとガッカリします。
しかし、内部空間は一転して教会のような、静的で抽象的な空間が広がります。
そして、船に乗船するため外部に出ると、
再びどこにでもあるような素材でできた半野外空間が待ち受けています。
誰でも知っているような素材で構成された具象的・日常的空間と、
普段の生活からかけ離れた抽象的・非日常的空間という、正反対の空間を対置することで、
これから 始まる旅・終わる旅 に演出を加えようとしているのでしょう。

旅行から帰ってきて、日常の生活に身を置くと、あの数日間はなんだったのだろうか。。。っという、
不思議な感覚がありますが、この建築の空間体験はそれに似ているような気がします。

R1122128.jpg
内部です。
このタイプの空間は、自分以外の他者を邪魔と感じてしまいます。
それから、張り紙なんかを壁面に張るのは止めてもらいたいですね。
旅行中に、テレビで地元のニュースを見てしまったときのような、そんな感覚を受けました。


スポンサーサイト
  1. 2008/08/31(日) 01:45:49|
  2. 日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おしらせ

R1122158.jpg花材 伽羅(きゃら)


ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、
神戸大丸で行われる いけばな神戸展へ出品することになりました!!
会期は10月16~21日までで、僕の出品は後期の19~21日です。
お流儀(上の写真みたいなやつ)をすることになってます。

いけばな神戸・兵庫展というのは、毎年、春と秋に行われ、
兵庫県いけばな協会に所属する会員のなかから100人程度が出品するというものです。
そして、今年は いけばな協会 創立55周年という記念すべき節目に当たります。
そのため、いつもは会員のみの出品ですが、
今回は招待作家の出品などもあり、盛大に行われるのだとか。。。
僕も概要を把握できてないんですけどね。

まだまだ先の話ですが、お時間があれば よろしくお願いします。
何か決まれば、またお知らせします。

卒業設計などなど、忙しくなりそうだ。。。

  1. 2008/08/28(木) 05:09:56|
  2. いけばな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

盆踊り

R1122105.jpg

バイト帰りに御堂筋を歩いていたら、北御堂で盆踊りをやっているのを発見しました。
で、提灯の色合いが面白かったので写真を撮りました。
こんなヴィビットなのは珍しいですよね。

僕の実家のある地域でも盆踊りがありますが、年々しょぼくなっていっているようです。
子供が少なくなったことと、資金を提供する地元の商店が地震で減ったことが大きな原因だそうです。
もうこの年齢なので、盆踊りに進んで参加しようとは思いませんが、
地元に盆踊りがなくなってしまうのは少し寂しいですね。



先日、携帯を換えました。
iPhoneです。
ミーハ~ですねぇ。
僕のアウトプットするものは保守傾向が強いので、新商品に疎いと思われているかも知れませんが、
意外と新しい物好きなのです。

使ってみてどうか?
正直、使いにくいです。
ボタンを押したときのような感覚が無いので、指先にすごいストレスを感じます。
メールを送るのに今までの2倍ぐらい時間がかかっています。
でもね、デザイン面に関してはさすがAppleといったかんじで、使いにくさを上回る楽しさがあります。
このへんは日本メーカーには真似できないでしょう。

ただ、初期設定のややこしさは何とかならないのでしょうか。。。
ソフトバンクショップの人も、この点に関しては投っぱなしで、困ったものです。
説明書もないので、ネットを見て設定することになります。
それから、日本メーカーの携帯であれば、後ろのカードを差し替えるだけで、
いろいろな設定が移行されますが、iPhoneではこの辺の互換性がありません。
電話帳はソフトバンクショップでバックアップを取ってもらい、
家でiPhoneの設定をしたあと、ネットからおろすことになります。
僕は、このバックアップをとってもらうことを忘れました。
iPhoneになるとメールアドレスも代わります。
メールアドレスが代わったのに、電話帳が無いので、メルアド変更のお知らせを送れずにいます。
なので、いま僕にメールを送ってもらっても、とどきません。
すいませんね。
ご迷惑をおかけします。

なお、電話番号は以前のままなので、 何かあれば電話してください。
  1. 2008/08/21(木) 03:46:08|
  2. 日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大文字

R1122078.jpg

どうも、お久しぶりです。
何をするわけでもなく、オリンピックをやたらと見ているので更新できませんでした。
相変わらずダメな生活ですね~。。。
今更、生活を改めようとも思わないですけど。

さてさて、昨日は五山の送り火がありました。
ご存知のように、この送り火というのは、お盆にこちらの世界へ帰ってきていたご先祖様を、
再び向こうに送り出す儀式ですね。
これが済むと、楽しかったお盆も終わりを迎えるわけです。

で、我が家からは 左大文、舟形、妙法、右大文 が見えるので、
当然のことながら、友人たちが集まりました。

しかし、実は送り火を見るの初めてだったんですよね!!
去年はインド、その前はヨーロッパへ行っていたもので。
何のために、そこそこ高い家賃を払っていたのでしょうか。。。
それもこれも、こんな時期に旅行を企画する K氏 が悪いのです。
あいつはご先祖様をなんだと思っているんだ!!

話はもどって、昨日は送り火を見ながら、そうめんを食べました。
食べ終わって、お茶とかがなくなったので モツヲさんに買いにいってもらおうということに。
でも、いつも通り 「送り火見た後でいいやろ~」 っと、くだらない事を言い出したので、
10分前になって僕が買いに行く羽目に。。。
家主が買いに行くのも可笑しな話しですが。。。
そして案の定、買い物中に大文字に点火され、その瞬間をみのがしました。。。
なんということでしょう!
こんなことがあっていいのでしょうか!!
悔やまれます。。。

そんなこんなで、先祖に思いをはせることも無く、送り火は終わりました。

  1. 2008/08/17(日) 20:13:38|
  2. 日々の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラブソングができるまで 淡路シーウィンド

ラブソングができるまで 特別版ラブソングができるまで 特別版
(2007/09/07)
ヒュー・グラント. c. ヘイリー・ベネット. ブラッド・ギャレット. クリステン・ジョンストン

商品詳細を見る

まだ見てないと思って借りたら、どこかですでに見ていました。
金曜ロードショーとかでやってたのかな?
ラブコメディーということで、男にはちょっと手に取りづらいので、借りて見たわけではない、はず。

80年代に絶頂を極めたバンド、POPのヴォーカル、アレックス(ヒュー・グラント)。
当時の人気はどこへやら、あの人は今・・・という状態に陥っている。
ある日、彼の元に世界の歌姫 コーラ から新曲の依頼が舞い込む。
しかし、アレックスは作詞に関してメッキリダメだったため、新曲作りはすぐに行き詰る。
そんな彼のもとに、失恋で書くことを止めてしまった作家のタマゴ、ソフィー(ドリュー・バリモア)が現れる。
そしてそして。。。。

こんなストーリーですね。
別に新鮮味もなく、ベタなストーリー展開なので、この程度の解説で十分です。
でもね、それが悪いわけではないんですヨ!
芯の通ったストーリーがあるから、キャラクターを遊ばせてもシックリまとまってるんです。
このキャラクターたちがこの映画の見所ではないでしょうか。
それぞれの個性はもちろんのこと、面白おかしい細かい設定がちゃんとしてあるんです。

なんといってもヒュー・グラントですね。
かわいそうな腰痛持ちの中年のおっさんを演じていると思えば、
80年代全開?なPOPのミュージックビデオの中で思いっきり腰を振りまくってたり、
僕のヒュー・グラントのイメージが大きく変わりました。
バリモアも可愛くていい。
ちょっと痛い役どころで、実際に身近にいたら困るだろうけれど。
そして、僕がすきなのは コーラ 。
もう、無茶苦茶です。

もちろん、面白おかしい部分だけではなくて、ラブストーリーとしてちゃんとしているところもあるんですよ。
2人の恋の深まり具合と歌詞が出来ていく過程がシンクロしたり・・・。

まあ、とりあえず見てみておくれ。





安藤忠雄が設計したTOTOセミナーハウスをご存知ですか?
http://www.oyadonet.com/seawind/

淡路島の東側に位置し、
落差100m、約45度の斜面に建つ研修施設兼宿泊施設です。
セミナーハウスということで、TOTOの社員さんしか宿泊できなかったとおもうのですが、
一般の人も宿泊出来るようになったようです。
すばらしいことですね!
しかも、意外と リーズナブル!!
すばらしい!!
平日なら一泊二食付きで10000円!
安い!
高いと思った人も、よく考えてください、二食付ですよ!
朝食付きならなんと7350円です。
結構、料理もよさそうです。
アンドーさん設計の建物なら、直島でも泊まることが出来ますが、
食事なしで一人15000円ぐらいからなので、こっちのほうがお得です。
直島は食べるところが無いので、結局ベネッセのレストランで食べることになって高くつくと聞くし。
あっちも泊まりたいけどね。

それから、夏なら屋外プールもつかえます。
でも、夏の間は予約でいっぱい。
秋以降にどうでしょうかねえ。
  1. 2008/08/06(水) 00:21:07|
  2. 映画・本・雑誌 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川床 鴨川 自転車

R1121790のコピー
昨日の夜は、mokei さんに誘っていただき、mokeiさんとそのお友達と一緒に川床へいってきました!!

京都に住んでいるのだから床へ行かなければ!と前々から思っていてはいたのですが、
なかなか行く機会がなく、今回やっと実現することが出来ました。
お店はThe 風南というところです。
http://http://www.gurumedosu.net/main/view_detail.php?feditnum=246
1日にも床のある焼肉屋さんへ行こうと企画していたのですが、それも予約が取れなかったんですよね。
グッドタイミングです!

いやいや、床っていいもんですね。
わたくし、感激いたしました。
予想以上にすずしい!
一番鴨川に近い席だったし、京都では珍しいぐらい湿気が少ない日だったので、
きのうは特別だったのかも知れないですけど。
浴衣を着ているお姉さん方も快適そうです。

お食事の方は中華ベースの創作料理で、
なす や冬瓜、ズッキーニなど、夏野菜をおいしく頂くことが出来ました。
それから、床で飲むビールもいいものです。
僕はお酒に弱いので、なかなか気持ちよくお酒を飲めなかったりするのですが、
川からの風に当たりながらなら、酔い過ぎることも無く、気持ちよく飲むことができました。


mokeiさん、誘っていただきありがとうございました。
皆さんとのお話も大変面白かったです。
また、機会があればお誘いくださいな。


R1121796.jpg
隣は天下一品がやっているお店みたいです。ラーメンじゃないけどね。



まったく話はかわります。

またまた、自転車を撤去されました。
前回の経験から、出町柳に止めるときには出来るだけ駐輪所を利用することにしていたのですが。。。
今日は駐輪所がいっぱいだったんですよね!
てかね、京都市はバカなんですよ!
出町柳の駐輪所って朝の10:00には満車状態で、留められなくなるんですよ!
平日は毎日です!毎日!
じゃあ、ど~します?皆さんなら! 
そりゃあ、路駐するだろ!コノヤロー!
それを持っていくなんて、酷すぎやしね~か?
順番がおかしいだろうよ!
先に駐輪所を造れってんだ!バカ
エコ、エコ、エコ・・・馬鹿のひとつ覚えみたいにエコが叫ばれている時代なんだから、自転車を優遇しろ!
京都の道って車が通るように出来てないわけだし、車を廃止して、自転車にしよう!
そうすれば学生はよそこぶぞ!
ちょっと話がデカくなっちまったな!
キャラが変わっちまってるぜ!
僕らしく上品に行きましょう、上品に。


とりあえず、やりたいことを先にやるのではなく、
やらなければならないことを先にしなさい。
コレだから役人仕事はダメなんです。
バカヤロ~!

今回は新しい自転車を買おうと思ってます。
SAABの折りたたみです。
エコがえ!(あのCMは酷いよね。さすがトヨタ!)



  1. 2008/08/05(火) 00:15:37|
  2. 京都散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

映画 アポカリプト

panther-mini氏が映画専用のブログを始めたようです。
http://d.hatena.ne.jp/panther-mini/

彼は1回生の頃、年間400本の映画を見るという偉業を達成したつわもの。
そのせいもあってか、1回前期は学校で、まったく彼の姿を見ませんでした 

彼には程遠いですが、僕もそこそこな映画好きです。
今年は200本映画を見るという目標をたてていたのですが、
この2ヶ月ほど見る機会を逃してしまったので、目標にはとどきそうにありません。
しかし、先週から再び見るようになったので、年間100本にはなとかとどきそう。
今年上半期で50本はみましたが、早くも映画のタイトルや内容を忘れつつあるので、
僕もこの機会に感想を書いてみようと思います。

感想文的なことは大の苦手なので、期待は出来ません。
それから、映画の内容を書きすぎる癖があると思うので、嫌であれば見ないでくださいな。





記念すべき第一作は 「アポカリプト」

アポカリプトアポカリプト
(2007/11/21)
ルディ・ヤングブラッド

商品詳細を見る


監督はメル・ギブソン
アメリカでは残虐的なシーンが多いためにR指定

ざっくりと内容を言いますと・・・

舞台はスペインに支配される以前の中央アメリカ。
主人公のジャガー・ポーは仲間や妻、子供たちと、平和な村で暮らしていました。
そこへマヤ帝国の魔の手が!!
村はあっけなく敵によって支配され、ジャガーたちはマヤ帝国の都へ連れ去られてしまう!
その頃のマヤは干ばつで人々の生活は危機に瀕していた。
ジャガーたちはその干ばつを鎮めるため、神への生贄として、そこへつれて来られたのだ!
次はジャガーだ!もうダメか!
その瞬間!。。。
生贄にはならずに済んだものの、彼らを更なる試練が待ち受ける!
ジャガーは逃げる!逃げる!
敵が追っかけてくる!逃げる!逃げる!
そして・・・・。
そんな内容です。
浜村淳並みにネタバレですね!

中南米の文化には前から興味があったりしたので、個人的にはなかなか好きな映画でした。
ただ、
生贄として心臓が捧げられたあと、頭と胴体がピラミッドの頂上から転げ落ちるシーン、
広場にジャガーたちを放して、人間狩りをするシーン、
生贄にされた後の死体が何万と散乱しているシーン・・・・・など、
残虐的な場面が続くので、人によって意見が分かれるでしょう。
でも、この映画の一番の見所といえる、
後半の逃げるシーンのカメラワークはすばらしく、一見の価値あり。
圧倒的なスピード感と臨場感。息つく暇がありません。
コレだけがやりたくて、この映画を撮ったのか?とも思えてきます。

メル・ギブソンの映画は史実に基づき映画を撮るということが知れれていますが、
この映画の場合はどうなのでしょうか。。。
マヤとアステカが一緒になってしまってるような気がするのは僕だけでしょうか?
一番の?は、ジャガーが生贄として捧げられようという時に、偶然おこる日食。
この日食によって話の流れが大きく変わるため、とっても重要なシーンなのですが、
コレってどうなのか?
マヤ文明は現代科学にも匹敵する天文学を備えていたことが大きな特徴なわけですから、
いつ日食が起こるかぐらいは予想できるはず。。。
まあ、映画ですから面白ければいいのですけれど。

この映画で個人的に好感が持てたのが、最後にスペインの船を登場させたところ。
船を出てこなければ、ただのハッピーエンドで終わってしまたところを、
船を登場させたことでその後の展開が予想され、物語に深みが増しています。
ただ、描き方が具象的すぎ。

こんなところでしょうか。
とにかく、はらはらどきどきの映画です。
大画面で見てください。



  1. 2008/08/02(土) 09:31:31|
  2. 映画・本・雑誌 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

松尾大社 オスカー・ニーマイヤー

何をするわけでもなく、平和な毎日が続いているので書くことがありません!
四時頃寝て、昼ちょっと前に起きて、映画を見て、本を読んで、1時間ぐらい昼寝をして、
夕飯の買出しに行って、夕飯を作って、そしてグダグダして。。。
週に2回は大阪へ行ってバイトをしています。
夏休み前半は残念なことに、な~にもと言っていいほど予定が無いので、こんな毎日が続きそうです。
誰か!どこかへ連れて行ってくれ!

そんなわけで、だいぶ前まえに庭園美学論の見学会でいった、松尾大社です。
R1121630のコピー
かっこいい!!
作庭は みぽさんの憧れ、重森三玲さん。
松尾大社には4箇所の庭があり、コレはその中の上古の庭。
大社の背後の山中にある、御神体の岩をヒントに造られたそうで、
荒々しく配された巨石は、天から神々が降り立った様子を表しているのだとか。
そう聞くとそう見えてくるから不思議ですな。
4つの庭の中で僕はこの庭が一番好きでしたね。

R1121636.jpg
この時期はアジサイがちょうど見頃でした。
いけばなの写真はたまに撮ってましたが、こういったよくあるタイプの写真ははじめて撮りました。
建築ばっかり撮っているので、マクロ機能を使ったり、被写体に思いっきり近づいたりというのは、
今まであまりしてこなかったのですが、けっこうコレが楽しい!!
いい写真が取れているかは別として、写真を撮っている気持ちにはなりますね。



GAから先日発売されたオスカー・ニーマイヤーの写真集を結局買いました。
そこそこな値段がしますが、買ってよかった!
設計のヒントになるかと聞かれると、ちょっと微妙ですが、インスピレーションは沸いてきそうです。
有名どころはもちろんですが、コルビュジェからの影響が垣間見れる初期の作品がいくつか載っているのもいいです。
いちばん新しいものではサーペンタインパヴィリオンがのっています。
(そういえば今年はゲーリーでしたよね。もうそろそろ完成したかな?)
すべての作品にではありませんが、図面やスケッチも載っています。これが重要です!!
ニーマイヤーのこの手の本はまだ出ていなかったので、おすすめです。

卒業設計の敷地も決まり、そろそろ参考書籍を集めようと、よく書店を出入りしているのですが、
ほしい本が多すぎて困ります。
ほしい本があっても、技術向上のためであるとか、設計の参考にであるとか、
買わなければならない本がけっこうあるので、ほしい本を買うまでなかなか行き着きません。
今回は葛藤の結果、ほしい本を買うに到りました。
本につぎ込める月々の予算も限りがあるので、こまったものです。

本いがいでも、ほしいものは山ほどありますが、ギリギリ買える範囲内で、いま買おうとしているのが、
アルテミデから出ているリチャード・サパーのデスクライト。
テーブルランプ (TIZIO)テーブルランプ (TIZIO)
()
不明

商品詳細を見る

MoMAのパーマネントコレクションになっている傑作です。
小学校の図工のの教科書に載っていて、それからずっとほしかったのですが、
久々に実物をminipanther氏の実家へお邪魔したときに見て、
やっぱりほしい!っという気持ちが沸々と沸いてきておりました。
輸入元のヤマギワで買うと47000円しますが、他だと35000円くらいで買えるので、買えないわけではありません。
ただ、アルバイトで稼いだ先月のお給料65000円の半分以上が飛んでいくことに!!
9月には沖縄と九州へ行くのでそのお金もためなければなりません。。。
どうしたらいいのでしょうか?買うべきなのでしょうか?
皆さんのご意見お待ちしています。

  1. 2008/08/01(金) 02:59:21|
  2. 日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。