叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今、目の前にある風景。

R1126881.jpg

今から10分前。
なんてことない、いつもの眺め。
いつも通り、出勤・登校する人たち。
雨がふってて、桜が咲いている以外は、これと言って変化がない。

叡電が走ってて、京銀の駐車場があって、京大の外国人宿舎があって、
マンションがあって、その向こうに霧にかすむ比叡山がある。

別に撮りたいものがあったわけではなく、とりあえず撮った写真。

スポンサーサイト
  1. 2010/04/02(金) 08:32:04|
  2. 日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜と季節外れの雪

R1126811.jpg

おとといの夕方から昨日の朝方にかけて、京都では雪が降ってました。
まさかこの時期に雪が降るとは思いもしてなかったので、真冬の雪よりも体感的にはずっと寒い!
それに、水分量が多くてベチャついた雪なので、肌を突き挿すような冷たさ!
昨日の夜は、後輩の卒業制作の打ち上げに参加させてもらうことになってたんだけど、
ドアを開けた瞬間、外に出るのが嫌になりました。

写真はマンションの屋上から見た比叡山。
朝の6時ぐらいだったかな。
下の方に写ってる桜の木(解りづらい?)が咲いていなければ、
1月の風景といっても、誰も疑わないような、そんな状態。

打ち上げは、COCON烏丸の3階にあるビュッフェでした。
後輩のキャラに似合わずオシャレなセレクト。
料理はもちろん、お酒とデザートがとても充実してました。
とても繁盛しているお店のようでした。
値段もビュッフェにしては高くもなさそうなので、
また、何か機会があれば行きたいお店です。


R1126854.jpg

で、朝ごはんを買いに行くついでに撮った、上の写真に写っている桜です。
なんか、小汚い写真になっちゃってますが。。。
7分咲きぐらいかな?
こういう木を見ると、格花に使えそうないい枝はないか?と、見たてをしてしまいます。
古典花がある流派に所属している人はだいたいそうなのでは?
ソメイヨシノは、いけばなに使うと面白みに欠けるので、実際に切って使ったりはしないですけどね。

今日はこんな感じで、以上!
  1. 2010/03/31(水) 07:04:41|
  2. 日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おひさしぶりの更新

386のコピー

さて問題です! 
この人たちは何に並んでいるのでしょう?
iphoneで撮影。


どうも、おひさしぶりです!!
もうちょっとで、前回の更新から一カ月経ってしまうとこでした。
ツイッターを始めちゃうと、なかなかブログのネタがたまらないんですよね。。。

そんな訳で、特に大きな出来事があったわけでもないので、
今日は、昨日と一昨日の行動を記録しときます。

おとといは、生け花があったので神戸に帰ってました。
で、居留地にバーニーズニューヨークがオープンしたとこだったので、さっそく見に行ってきました。
店内は、狭くもなく広くもなく、、、。
メンズコーナーは1階の一部と、地下一階。
スーツコーナーが充実してるみたい。
フルオーダのスーツを扱うのは神戸店が初らしい。
15万ぐらいかららしいので、ワリと良心的なのだと思う。
僕が楽しみにしていたカジュアルのコーナーはというと、セレクトがあんまり好みじゃなくて、期待はずれ。
ジバンシーやマルジェラがあったのは良かったけど。
それから、いちばん見たいと思っていたT by ALEXANDER WANGのメンズラインが見当たらないので、
店員さんに入荷予定があるか聴いてみたら、「解らない、たぶん無い。」という返事が返ってきた。
レディースを取り扱ってるから、絶対入荷するだろうと思ってたんだけど。。。残念。
1階へ移動してアロマコーナーをブラブラしていたら、
店員のお姉さんに声を掛けられ、やたら香水をすすめられた。
ラルチザンとペンハリガンの2万もするヤツ。
なぜか世間話など10分ぐらい話をして、「香りの変化を確認してからまた来ます。」と言ってその場を後にした。
最近、お店の人に話しかけられることが多い。
スタバでも長々と話をした。
そんなに話しかけやすいタイプの人間ではないと、自分では思ってるんだけど。

店を出て、同じ建物に拡大移転してきた、ヴィトンのを外から眺めた。
元の店舗は道を挟んで向かいにあった。
芸術とラグジュアリーに触れられる「ルイヴィトン メゾン」という、日本では初の営業形態らしい。
イマイチ理解が出来ないが、このご時世に大きな投資をしたものである。
ヴィトンには、さすがに気楽に入ることは出来ず、
バーニーズと同日にオープンしたユニクロ元町店を確認ついでに覗いて、いけばなへと向かった。


昨日は京都へ帰るついでに大阪へよった。
阪神難波線が開業して、三宮から難波まで400円で行けるようになった。
便利になったものだ。
2日に増床オープンした高島屋の中をブラブラして、心斎橋筋を北上した。
途中で目にしたのが上の写真の光景。
答えは→384のコピー
平日だし雨だったので、すいてたら入ってみようと思ってたけど、ここまでとは。。。
ディズニーランドじゃないんだから。。。
そこまでして買うようなものでもないことは知ってたので、もちろん並ばず。

さらに北上して大丸の北館(旧そごう本店)を見た。
高級ブランドが入ってたのが、アローズとかURに代わってた。
建物内に、百貨店と聞いてイメージする雰囲気はない。
百貨店という営業形態はもう終わったんだろう。
それでも数年先には、阪急・大丸・近鉄・高島屋・阪神が建替え・増床し、
新たに三越伊勢丹グループの店舗がオープンするらしい。
いったい誰が買物するのか?

ドトールに入って休憩。
大阪へよった目的は、ミハラヤスヒロの実物を見ることだったんだけど、
しんどくなって、堀江まで行くのをあきらめる。
梅田へ移動。
ちょっと元気になったから、阪急メンズ館のガラージュ D.エディットを物色。
バーニーズも、ここみたいなセレクトになってくれないだろうか、と思う。
で、本屋に寄って、阪急に乗って、帰宅。


以上、昨日おとといの行動でした。
無駄に長くなったな。。。





  1. 2010/03/12(金) 01:00:00|
  2. 日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

椅子

R1126707.jpg

実家に帰ったら、自分の椅子がなくなってた。

痛みの激しい4脚を修理に出したらしい。
この家を建てるときに買ったから、ちょうど10年。
座面のスプリングも、背面の籐編みもボロボロになってた。
毎日使ってきたものだから、当然だ。
ここ数年で急に悪化したのは、犬のせいのように思うけど。

この椅子の修理、
籐の編み直しと色合わせ、スプリングの取替え、布地の張替えで、
1脚、2万5千円ぐらいらしい。
4脚で10万円・・・。
布代だけでも、メーター当り6千円はするので適正価格だと思うのだが、
イケアやfranfranといった、お安いお店なら新しいのをいくつも買えちゃうので、
ちょっと高く感じてしまう。
そもそも、高い椅子を修理しながら使うという家庭はどれぐらいあるのだろうか?

で、椅子の修理中でも椅子は必要なわけで、
その繋ぎとしてやってきたのが、アリンコチェア。
裏返したら、ちゃんとフリッツハンセンの文字があった。
それから差押さえ物品のシールも。

このアリンコチェア、家族からの評判が悪い。
座りにくいし、冷たいし、寛げないし・・・、とのこと。
著名な建築家の作品で、世界初の3次元曲面一体成形で、定価は6万で・・・っと、
この椅子の価値を教えてあげたが、あんまり理解されなかった。
特に価格については納得がいかないらしい。
まあ、無理もない。
デザイン素人はモノの見方がシビアである。

一方のアームチェアは父の椅子。
父以外は座らないし、来客用と入れ替えながら使ってるから、まだ綺麗。
母は、あんまり深く考えずに新しい椅子の布地を選んだみたいだから、
この椅子と色合いのバランスが合うか心配。





  1. 2010/02/16(火) 02:41:10|
  2. 日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

叡電と私の位置関係

R1126685.jpg

はめ込み合成をした訳でも、カメラに特殊なレンズを装着したわけでもなく、これがリアルな距離感。
さらに、高さ2.5mくらいある電車がここを通る訳だから、完全に手が届いちゃう。

普通の設計者であれば、この敷地条件をネガティブにとらえて、
開口部の無い、城壁のような壁を立ち上げたしまうことだろうが、
このマンションの設計者は違ったようだ。

このマンションでは、各住戸が少しずつずらされて配置されている。
これにより、叡電へ向けて、すべての住戸のコーナーが外気に接することとなった。
ちょうど、丹下健三氏の赤坂プリンスホテルを外観をイメージしてもらえればよいだろう。
さらに、柱が外壁から3メートル後退した所に配置されている。
この6畳の部屋は、キャンティレバーによって、空中に浮遊しているのだ。
構造から解き放た、壁面やコナーの柱は不要となり、かわって横長水平連続窓が開けられ、
さらなる解放感が与えられた。
目の前には叡電の架線が横切り、その向こうには極端に細長い駐車場、京大の外国人寮と敷地の緑、
そしてビルとビルの間から比叡山の山頂を望むことが出来る。
時には、電車の乗客と目が合い、外国人寮に住む子供が手を振ってきたりもする。
電車が目の前を通り過ぎる時などは、踏切で電車が通り過ぎるのを待っているのと同じような感覚になる。

これほどまでに、周辺の要素をポジティブに受け入れた設計は、いまだかつて有っただろうか。
私はこの部屋を、たいへん気に入っている。


ただ、、、、寒い!寒すぎる!
壁面2面が全面開口で、もう一面の半分が外気に接し、
さらに壮大なキャンティレバ~によって、床スラブも外気にさらされているんだから、当然だ。
しかも、ガラスは複層ではなくシングル。
寒い。。。今が我慢のしどころだ。

また、適当な文書だな。



Twitter をはじめました。
https://twitter.com/shoshosai
shuntaroが始めたというので、中を覗いてみたら、
思ったよりもたくさんの知り合いがやっていて、
これは乗り遅れてはならない!っということになり、始めました。
ブログ書くほどでもない、些細な出来事を報告していこうと思ってます。
皆さん、よろしく。

  1. 2010/02/07(日) 07:16:03|
  2. 日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。