叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

須磨海浜公園駅

R1126211.jpg

実家の最寄り駅である、須磨海浜公園駅。
プラットホームの西の端。
5時ちょっと前だったと思う。

線路の延長線上には海があり、高い建物がないので、目線がスカッと抜けて気持が良い。
晴れた日には駅の上屋から、明石海峡大橋や淡路島も見渡せる。
でも、上屋の設計が中途半端なので、たいていの人は素通り。
もったいない。


スポンサーサイト
  1. 2009/12/26(土) 11:00:50|
  2. 日々の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の賀茂川

R1126142.jpg

何かに感動したわけでもなく、とりあえず撮ってみた写真。

北大路通りと賀茂川が交わったとこ、橋の上からの風景。
紫野の和久傳で、先生のお中元を頼んできた帰り道。
午後4時ぐらいだったと思う。

京都に住んで4年だけど、いまだ神戸に住んでいたころの感覚が抜けず、
たま~に、盆地を感じられるところへ出ると、京都に住んでいることを実感する。
僕の中で京都と言えば、寺や神社じゃなくて、この写真みたいな風景が思い浮かぶ。

この後、
下鴨本通りのヴェルディへ行って、コーヒーを飲んで、
イタリアンブレンドとマンデリンの豆を買って、
カナートのユニクロへよって、帰った。


  1. 2009/12/21(月) 01:23:02|
  2. 日々の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鴨川デルタ 若手アーティスト

R1126060のコピー

京都に住む学生の聖地? 鴨川デルタです。
実はわたくし、4年間も京都に住んでいるのに、まだ足を踏み入れたことがございません。
大学に入学したての頃、ここで新歓のバーベキューをやっている人たちを見て、
これからのベタな京都での学生生活を想像していたんですが。。。
まさか、あんな不思議な大学生活になるとは。。。

誰か、ここで飲み会でもする時があれば誘ってくださいな。
とりあえず、京都の名所は押さえておきたいので。



今日はCOCON烏丸の唐長で年賀状用のポストカードを買って、
んで、京都文化博物館と都メッセへ行って、若手アーティストさんたちの展覧会を見てきました。

文化博物館の方は、大手芸能プロダクションが企画制作した公募イベントで、審査もあったということなので、
どれもクオリティーが高く、魅力的なものが多くありました。

都メッセの方は展覧会というよりも、手造り市的なもので、
作品そのものを展示・販売している人や、ポストカードを売っている人、
手造りのアクセサリーを売っている人など、様々でした。
小さなブースなのにアーティストさんが前に座っていたので、
目があってしまって、後ろに展示してある作品をじっくりと見ることができませんでした。。。
社交的な人なら友達になれるし、いいかもしれませんね。

しかしま~、アニメやマンガ的傾向の強い作品が多いこと!!

僕は、スーパーフラットのコンセプトや考え方は理解できるけど、
作品にはそれほど共感しない、というような人なのですが、
今後ますます、この傾向が強まって行くであろう日本の現代アートと、
どう付き合っていけばいいのでしょうか。。。

僕の好きなアーティストが美術史の一部となった時、
僕が、印象派の画を見て喜んでいる、オバちゃんたちのポジションになっていないか心配です。

海外のアーティストに活路を見出すしかないかな?

  1. 2009/12/13(日) 00:06:34|
  2. 日々の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

圓光寺からの京都

R1125955のコピー

十牛の庭が有名な圓光寺。

このお寺の裏山に、家康を祀った東照宮があって、そこから京都の市街地を見たところ。
4時半の閉山が迫っていたので、住職さんにせかされながら山を登って、この写真を一枚だけ撮って山を降りた。
そんなに高いところまで登ったという感覚が無かったので、急に視界が開けて驚いた。
日が落ちるのが早い今だけ、見ることが出来る夕暮れ。

  1. 2009/12/09(水) 00:40:01|
  2. 日々の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめての茶花 松ヶ崎橋

shuntaroが大阪での撮影の仕事とに絡めて、京都へ来ていたので、
ここ数日はいつものメンバーと、行動を共にしていました。

卒業してから、みんなバラバラなことをしているのに、
ラーメンを食べに行ったり、鍋パティーをしたり、やることや雰囲気は大学の頃と全く変わりません。
大学の時、不毛な時間と呼んでいた、あの雰囲気のまんまです。
卒業して1年たたないし、9月の連休に集まっているので、当然かもしれっませんが。。。
まあ、気楽でいいもんです。


で、今日はshuntaroが花の写真を撮るというので、手伝いをさせてもらいました。
手伝いといっても、カメラのアシスタントとかじゃなくて、花を活けるだけなんですけどね。

話を聞いたのは水曜日で、土曜日に撮影ということだったので、かなり焦りました。
こういった急な依頼は、はじめてだったものですから。。。
デザインを考えないといけないし、花を手配しないといけないし、花器は買わないとないし。。。

結局、よく話を聞いてみると、僕が思っていたようなコンテンポラリーなものではなく、
茶道の茶花のようなものをイメージしていたことが分かり、ひと安心。
茶花なら、花器さえあれば、あとは身の回りにあるものでなんとかなりますからね。

しかし、実際に活けてみると、これが一苦労。
茶花を侮っていました。。。
茶花に合うような、小ぶりで味わいをもった枝ってなかなか無いんですよね。
無いというよりも、僕にそれを見立てるだけの眼力が無いというほうが正しいのでしょうけれど。。。
それから、人為的でないように活けるのに、とても苦労しました。
いけばなの小技を使うと、どうしてもワザとらしくなっちゃうんですよね。
僕は普段のいけばなでも、悪い意味で技巧的に走る傾向があるので、こういった所を勉強しないといけません。

そんなこんなで、とてもよい経験になりました。
今回は、決められたわけでもないのに、茶花という枠を気にしすぎたように思うので、
つぎは、雰囲気を残しつつも、形や取り合せに遊びを加えられたらいいなと思ってます。
次回があることを期待してます。



R1126027コピー

上の写真は、花の撮影が終わって、shuntaroとたまゑさんと別れた直後、4時半ごろの高野川。
まだ4時台なのに夕暮れ。
日が短いと、なんだか損してる気になりますよね。。。。

写真だけをアップするカテゴリーを追加しました。
文を添えるほどでもない、平凡な日常の中で撮った写真をのせていくつもりです。
撮影場所と時間ぐらいはのせようと思います。


  1. 2009/12/06(日) 22:46:56|
  2. 日々の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。