叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

みたもの・よんだもの

R1125727のコピー

昨日は県立美術館へ、ビエンナーレの招待作家展を見に行ってきた。
長々と続いていたビエンナーレも、残すこと4日。
僕が出品してたのが15~18日なので、あれから1か月もたっちゃったんですねえ。
あっという間に年末がくるなぁ。。。

招待作家展は兵庫にゆかりのある12人の現代アーティストが参加しています。
兵庫と言えば、具体美術協会があまりにも有名で、
それ以降の現代アートは、あんまりパッとしないという印象があったけど、
こうして同時に展示されているのを見ると、意外とそうでもないことが分かります。

僕が好きだったのは、榎忠さんの「RPM-1200」。
http://chuenoki.com/works.html←下のほうにのってます。
直径5mぐらいの台の上に、旋盤で加工されたシャフトやボルト、歯車などを組み合わせたものが、
無数に立てられていて、そこに当てられたライティングがゆっくり点いたり消えたりすることで、
未来都市や、どこか中東の都市の1日の様子に見えてくるというもの。
展示室内に単管で組んだスロープがあったり、台の真ん中に登れるようになっていて、
いろいろな所から見ることが出来て面白いです。
以前にも、森美術館やキリンプラザで展示されたことがあるようで、
今回のビエンナーレを最後にお蔵入りになるということです。
カッコいい作品なんで、あと数日の間にぜひ見に行ってみて下さい。

あと、澤田知子さんの作品はやっぱり面白いですね~。
その業種で働いていそうな人の特徴をみごとに表しています。
小道具など、細部へのこだわりもすごい。
監視のおばちゃんと2人しかいない空間で、ニヤニヤ笑ってしまいました。
傍から見れば、ちょっと痛い人に見えてたと思います。
京都駅に張ってある、どこかのポスターに使われている作品も含んでいるので、新作ではないようでが、
たくさん並んだものを比べて見てみると、また違った面白さがあります。
これも、必見。

写真は、つい先日設置されたという、元永定正さんの作品。
安藤さんの依頼で制作され、安藤さんの寄贈らしい。
以前は、レストラン前にも関わらず、ちょっと寂しい感じのするスペースだったので、良かったと思う。
元はベンチとして制作されたらしいけど、設置されたのが花壇の上なので、座れないのが残念。



○本

「仏像の秘密」 山本 勉
仏像のひみつ仏像のひみつ
(2006/05/27)
山本 勉

商品詳細を見る

モツヲに借りました。
とても解りやすくて、面白い本でした。
ざっくりとした文書とイラストに好感が持てました。
仏像を見るときの予備知識として、読んでみることをお勧めします。
パート2も欲しくなっちゃいました。


「ユダヤ人大富豪の教え」 本田健
ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)
(2006/02/09)
本田 健

商品詳細を見る

これも、モツヲに借りました。
経済本よりも自己啓発本に分類されるのでしょうかね。
タイトルそのままな内容で、
どこまでが本当の話か分からないけど、ストーリーは良くできています。
ためになる話もあるんだと思います。
ただ、僕は素直な人間じゃないので、
経済を多少でも語るのなら、もっと具体性がほしいと感じてしまいました。
何より、大富豪(著者)の考える自由人・幸せな人の定義に納得できません。
彼によると、自営業者や大企業の役員は不自由人で、
流行っているショップのオーナーや、貯金などから配当を得られる人が自由人らしいです。
確かにそんな人は、時間に余裕はあるだろうし、好きなこともできるでしょう。
でも、仕事に生き甲斐を感じている人だって多くいます。
僕はそれを見つけられただけでも、尊敬しちゃいますけどね。

まあ、人それぞれです。
考え方がハマれば、得られることがきっとあると思いますよ。


○映画

「ボウリング・フォー・コロンバイン」
ボウリング・フォー・コロンバイン マイケル・ムーア アポなしBOX [DVD]ボウリング・フォー・コロンバイン マイケル・ムーア アポなしBOX [DVD]
(2003/08/27)
マイケル・ムーア

商品詳細を見る

深夜にテレビでやってました。
御存知、マイケル・ムーア監督によるドキュメンタリー映画。
なぜ、アメリカは世界一の銃犯罪国家となり、
今も銃犯罪が増え続けているのか、というのがテーマ。
重苦しいテーマでありながら、ムーア監督の映画らしく、
アニメーションや解説が挟み込んであっりして、テンポが良くて見やすい。
銃を規制だけではなく、
銃所有率がアメリカより高いカナダの犯罪件数の少なさを取り上げることで、
アメリカ人が抱える恐怖心という問題にもスポットがあてられている。
恐怖心がアメリカ人に銃を持たせ使わせると言うが、
日本だってメディアが過剰に事件を取り上げるせいで、恐怖心は増大傾向にある。
でもなぜ、日本の凶悪犯罪は減少を続けているんだろう?そんなことを考えた。
結論がないからスッキリしないけど、見てみてください。

関係ないけど。。。
さっき調べたら、社民党の党首のブログに、
日本の殺人事件件数は1954年がピークで、
それは映画「ALWAYS三丁目の夕日」の頃だと、いう話が書いてあった。
なんか、意外ですね。
メディアやその時代を知っている人は、あのころが日本は一番安全だった!っと言いたそうなのに。
やっぱり、情報を鵜呑みにすることはいけませんね。


「スラムドッグ$ミリオネア 」
スラムドッグ$ミリオネア [DVD]スラムドッグ$ミリオネア [DVD]
(2009/10/23)
デーブ・パテルアニール・カプール

商品詳細を見る

よかったです。
最近少なくなった、アメリカンドリームがテーマのハリウッド映画みたいな感じです。
インドだから、インディアンドリームになるのか?
きっと、往年のハリウッド映画の姿と重なったから、
アカデミー賞を8部門も受賞出来たんだと思います。
結局、最後までクイズに全問正解出来た理由はハッキリとは分からないし、
ストーリーの繋がりに違和感を覚えるところもありますが、
それも昔のハリウッド映画みたいで、許せちゃいます。
また、スラムや売春、強盗などなど、
インドの複雑な実態が、大げさに描かれているように感じてしまうかもしれませんが、
実際にインドへ行って見てきたかんじでは、決して大げさでもないように思います。
観光地や駅に行くと、手足が無かったり、舌が無くて喋れなかったり、目が見えなかったり、
そういった物乞いが余りにも多かったので、とても驚きました。
それが、人為的であることがなんとなくわかったので、
親が、多く稼げる物乞いにするために、そんなことをしたのだろうなと思っていました。
でも実際は、さらに複雑なようです。
ほかにも、宗教間の対立、貧富の差などが表されています。
今のインドを知るのに役立つ映画だと思います、ぜひ見て下さい。
スポンサーサイト
  1. 2009/11/18(水) 05:27:08|
  2. 映画・本・雑誌 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みたもの・よんだもの

○映画  「ファッションが教えてくれること」 
          
                  

昨日はビエンナーレをのぞいて、モトコーにあるグリーンズ コーヒーというカフェへ行って、
大阪へ移動して、ぶらぶらして、映画を見て、京都へ帰ってきました。

見たのは「ファッションが教えてくれること」、というドキュメンタリー映画。

内容は、9月の特別号の締切に向けて奮闘する、
「プラダを着た悪魔」の鬼編集長のモデルと言われる、VOGUEの編集長アナ・ウィンターと、
彼女を支える編集部員たちの5ヶ月間に密着するというもの。

エディター、カメラマン、モデル、レタッチャー、ファッションデザイナー。。。すべてが世界最高峰。
そんな彼らが造り上げたモノを、アナは締切間際になっても切り捨てる。
それでも、彼らは再考して新たな物を作りだす。。。

まさにプロ根性! プロとしての戦い!
素晴らしい!!

建築、アート、デザイン・・・などなど、様々な分野で、完璧主義は過去のものだという雰囲気があるけど、
突き詰めた先にある美は、何物にも代えがたいものがある、そう再認識させてくれた。
まあ、それぞれのスタイルってのがあるけどね。

個人的には、イメージを可視化するグレースの高い能力に驚かされた。
主役はアナではなく、グレースのようにさえ感じた。
あんな能力を身につけたいものです。

ファッション、デザイン、アートなど、様々な分野の人におすすめ。
ただ、ドキュメンタリーであることはお忘れなく。


おまけ
「ワールド・オブ・ライズ」
ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]
(2009/04/29)
レオナルド・ディカプリオラッセル・クロウ

商品詳細を見る

淡々としていて、地味。
それが逆にリアリティーを生んでいる。

しかし、僕の好みではない。
ディカプリオの出演作では、「ブラっド・ダイヤモンド」と「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」が好きです。
  1. 2009/11/14(土) 02:00:35|
  2. 映画・本・雑誌 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みたもの・よんだもの

○映画

「レッドクリフ Ⅰ・Ⅱ」
レッドクリフ Part?&? ブルーレイ ツインパック [Blu-ray]レッドクリフ Part?&? ブルーレイ ツインパック [Blu-ray]
(2009/08/05)
トニー・レオン金城 武

商品詳細を見る

僕は普通の歴史よりも、美術史や建築史のほうが詳しいぐらいなので、
三国志も何んとなくしか覚えていなかったのですが、この映画は楽しめました。
三国志のファンの人はどう思うかわからないけどね。
日本向けに、人物の説明などが冒頭であるのもありがたい。
CG映像も迫力あり。
ただ、Ⅰ・Ⅱとも中盤でちょっと間延びした感覚があった。




○本

「年収300万円時代を生き抜く経済学」 森永卓郎
弟が取ってた授業の参考資料だったらしい。
ベースは2003年に書かれた本。
戦後最長と言われた好景気が終わった今、読んでみると、それがどんなものだったか理解できる。
これが6年も前に書かれていたことに驚く。
1割の勝ち組になることはあきらめて、300万円で身の丈に合った楽しい暮らしをしていこう、
そんな意見には僕は賛成だけれど、多くの人が勝ち組になるのをあきらめてしまう社会は面白くないだろうなと思う。


「下流社会」 三浦展
これも弟がくれました。
統計をもとにしており、説得力があるが、ちょっと読みにくい。
少数の大金持ちと、多数の貧乏に階層が分かれていく、という点では上の本と同じであるが、
上が「下流でもいい」という話の流れなのに対して、こちらは「下流ではいけない」という話になっている。
この本で違和感があるのは、下流=やる気のない人となっている点。
ほかにも結婚観などで、すこし著者の感覚が時代とずれていると感じるところがある。


「龍安寺石庭を推理する」 宮元 健次
やや無理やりなところがある気がするが、小堀遠州を作庭者として結論付ける。
あまりにも謎が多すぎて、多少無理がないと話がつながらないんだと思う。
遠州作の他の庭の構成手法にも解説が加えられているのが良い。

万人が美しいと感じるといわれる、黄金比というのがキーワードとして出てきます。
そこで、疑問に思ったのですが、黄金比ってパースがついても有効なのでしょうか?
名刺とか、パルテノン神殿の立面を遠景で見たとか、そんなのは分かりますが、
平面に応用しても、パースがついて狂うから、意味ないと思うんだけど。。。
図面は美しいと感じるだろうけどね。
設計者の自己満足?
知ってるヒトは教えてください。


「仏像は語る 何のために作られたのか」 宮元 健次
みうらじゅんのような、仏像を美的観点からみるというものではなく、
仏像が作られた時代背景や、人の思いが解説された本。
28体について、解説している。
実物を見ていないと、ありがたみが薄れるので、
実物を見に行く直前に読んだり、見た後に読んだりするほうが良いと思う。


「お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践」 勝間和代
カツマーという訳ではないのですが、
テレビをつけると勝間さんの出演している番組に巡り合うことが多いので、
一度、本を読んでみようと思って古本屋で買った。
この本はリーマンショック以前に書かれた本で、内容を実践して、失敗した人たちから批判されているらしい。
しかし、内容は中長期的なものが多いので、参考になるところもあるだろうと思う。
普通の人が投資だと考えていない、保険や住宅の購入、定期預金などが、
金融商品としての側面から解説されていところが面白い。
森永さんの本にも、「インフレに転換したら、お金を守るためにリスクを冒さなければならない」と、
書いてあるので、僕のように投資に縁がないと思っている人も読んでみてはどうか。
新聞やニュースに出てくる金融商品の内容を、理解したいという人にもお勧め。


「祇園の教訓」 岩崎峰子
今の僕には、縁遠い世界のはなし。
同じ京都に、そんな浮世離れした所があるところに驚き。
話を通して、舞子さんや芸子さんの生活や仕事が理解できたので良かった。


「アルベルト・カンポ・バエザ 光の建築」 アルベルト・カンポ・バエザ
買うか買わまいか、さんざん迷ったあげく、買ってしまった。。。
分かってはいたのだが、文書が多い。。。
写真も図面も少ないので、資料としてはあまり役に立たない。
どっかで借りて読めばよかったかも。


「スマートな食べ方の流儀 」
NHK教育のテキストらしい。
本屋で目についたので、目を通した。
あまりにも常識的なことしか書いてない。
この程度でいいんだ・・・という、へんな安心感があったが。。。


「VOGUE homme japan」
創刊から3冊つづけて、とりあえず買ってます。
基本的に内容は無いです。
見どころはスティーブン・クライン、エディ・スリマン、アラーキーなどのエグ写真でしょうか。
これからは、立ち読みでもよいかも。。。
関係ないけど、エディさんはいつになったらファッションデザインを再開してくれるのでしょうか。。。


「fashion news men's s/s」
通常のfashion newsから半年に一度、増刊号として出版されてます。
パリ・ミラノの次のシーズンのコレクションが載っています。
5年ほど前からずっと買ってます。
ヴォーグのホームページやyou tubeなんかでは、数週間のうちにコレクションがアップされているので、
それほど最新の情報とは言えないかもしれませんが、記録用として、とてもよいです。
ページが限られるので全てのルックがのらないことと、号を追うごとに雑誌自体が薄くなっているのが難点。
そのうち、通常版も含めて定期購読したいのだけれど。



以上、ここ2週間ぐらいで読んだ本でした。
  1. 2009/11/08(日) 07:07:00|
  2. 映画・本・雑誌 など
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

みたもの・よんだもの

ここ最近、暇に任せて映画と本を読んでます。
これまでは本なんて全く読んでこなかったんですけどね。

てな訳で、見た映画・本・雑誌のタイトルを記録しておくカテゴリを追加しました。
過去に見たモノなども、暇があれば記録しようと思ってます。

めんどくさいので、基本的に長い感想を書いたりはしないと思います。
もっと内容を知りたければ、僕に直接聞いてくださいな!!
テキト~ですいません!

○映画

「INTO THE BLUE」
イントゥ・ザ・ブルー [DVD]イントゥ・ザ・ブルー [DVD]
(2006/03/17)
ジェシカ・アルバポール・ウォーカー

商品詳細を見る
ジョーズのようなパニック映画かと思ったら、そうではなかった。
海中シーンが美しい。
自業自得だろというところがあるので、あまり主人公たちに感情移入は出来ない。


「INTO THE WILD」
イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]
(2009/02/27)
エミール・ハーシュマーシャ・ゲイ・ハーデン

商品詳細を見る
裕福な家に生まれ、名門大学を卒業したある青年が、アラスカの大地で変わり果てた姿で発見された。
恵まれているはずの彼がなっぜそうなってしまったのか?そこまでの経緯が明らかになる、そんな内容。
実話らしい。
最初っから結末が分かるので、2時間ちかく淡々と話が進んでいく。
よかったと思う。
自分との共通点はないけれど。

「エーリアンVSプレデター」
エイリアンVS.プレデター [Blu-ray]エイリアンVS.プレデター [Blu-ray]
(2007/05/18)
ランス・ヘンリクセンサナ・レイサン

商品詳細を見る

テレビでやってたのを見ました。
おバカ映画。
気楽に見れる点で良い。


「おいしいコーヒーの真実」
おいしいコーヒーの真実 [DVD]おいしいコーヒーの真実 [DVD]
(2008/12/05)
タデッセ・メスケラ、他

商品詳細を見る

ドキュメンタリー映画。
330円のコーヒー一杯、この中から生産農家が得る収入はいくらぐらいか?
残りはどこが搾取しているのか?
そんなことに興味がある人は見てください。
世界経済の中でアフリカ輸出シェアが、わずか1%だということに驚いた。
値段や味に大きな差がないのなら、フェアトレード商品を買ってみようと思った。

「テレビ見仏記 4・5」
みうらじゅん いとうせいこう TV見仏記4 [DVD]みうらじゅん いとうせいこう TV見仏記4 [DVD]
(2004/09/24)
いとうせいこう みうらじゅん

商品詳細を見る

仏像マイブームが到来しました!!
仏像本なども読んでます!


本はまた次回。
  1. 2009/11/05(木) 02:00:40|
  2. 映画・本・雑誌 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラブソングができるまで 淡路シーウィンド

ラブソングができるまで 特別版ラブソングができるまで 特別版
(2007/09/07)
ヒュー・グラント. c. ヘイリー・ベネット. ブラッド・ギャレット. クリステン・ジョンストン

商品詳細を見る

まだ見てないと思って借りたら、どこかですでに見ていました。
金曜ロードショーとかでやってたのかな?
ラブコメディーということで、男にはちょっと手に取りづらいので、借りて見たわけではない、はず。

80年代に絶頂を極めたバンド、POPのヴォーカル、アレックス(ヒュー・グラント)。
当時の人気はどこへやら、あの人は今・・・という状態に陥っている。
ある日、彼の元に世界の歌姫 コーラ から新曲の依頼が舞い込む。
しかし、アレックスは作詞に関してメッキリダメだったため、新曲作りはすぐに行き詰る。
そんな彼のもとに、失恋で書くことを止めてしまった作家のタマゴ、ソフィー(ドリュー・バリモア)が現れる。
そしてそして。。。。

こんなストーリーですね。
別に新鮮味もなく、ベタなストーリー展開なので、この程度の解説で十分です。
でもね、それが悪いわけではないんですヨ!
芯の通ったストーリーがあるから、キャラクターを遊ばせてもシックリまとまってるんです。
このキャラクターたちがこの映画の見所ではないでしょうか。
それぞれの個性はもちろんのこと、面白おかしい細かい設定がちゃんとしてあるんです。

なんといってもヒュー・グラントですね。
かわいそうな腰痛持ちの中年のおっさんを演じていると思えば、
80年代全開?なPOPのミュージックビデオの中で思いっきり腰を振りまくってたり、
僕のヒュー・グラントのイメージが大きく変わりました。
バリモアも可愛くていい。
ちょっと痛い役どころで、実際に身近にいたら困るだろうけれど。
そして、僕がすきなのは コーラ 。
もう、無茶苦茶です。

もちろん、面白おかしい部分だけではなくて、ラブストーリーとしてちゃんとしているところもあるんですよ。
2人の恋の深まり具合と歌詞が出来ていく過程がシンクロしたり・・・。

まあ、とりあえず見てみておくれ。





安藤忠雄が設計したTOTOセミナーハウスをご存知ですか?
http://www.oyadonet.com/seawind/

淡路島の東側に位置し、
落差100m、約45度の斜面に建つ研修施設兼宿泊施設です。
セミナーハウスということで、TOTOの社員さんしか宿泊できなかったとおもうのですが、
一般の人も宿泊出来るようになったようです。
すばらしいことですね!
しかも、意外と リーズナブル!!
すばらしい!!
平日なら一泊二食付きで10000円!
安い!
高いと思った人も、よく考えてください、二食付ですよ!
朝食付きならなんと7350円です。
結構、料理もよさそうです。
アンドーさん設計の建物なら、直島でも泊まることが出来ますが、
食事なしで一人15000円ぐらいからなので、こっちのほうがお得です。
直島は食べるところが無いので、結局ベネッセのレストランで食べることになって高くつくと聞くし。
あっちも泊まりたいけどね。

それから、夏なら屋外プールもつかえます。
でも、夏の間は予約でいっぱい。
秋以降にどうでしょうかねえ。
  1. 2008/08/06(水) 00:21:07|
  2. 映画・本・雑誌 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。