叡電を眺めながら

建築やデザイン、食事、華道…など、  平凡な学生生活を、徒然なるままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今週のいけばな 梅花空木・錦木・芍薬

梅花空木・錦木・芍薬のコピー

格花用の錦木に、新花用の梅花空木と芍薬を足して、三巻筒に生けました。
筒は和合という配置の仕方です。

梅花空木(バイカウツギ)は本州から九州の山地に自生する高さ2mほどになる落葉低木で、
初夏に梅の花に似た真っ白な花を咲かせます。
個人的には、梅の花には見えませんが。。。
空木と呼ばれる仲間は、読んで字のごとく枝の中心が中空になります。
その為、枝に粘りが無く、タメにくいことが多いのですが、
この梅花空木は比較的素直に曲がってくれました。
今回は枝が3本しかなく、枝分かれも少なかったので、流し物にはしませんでした。

錦木(ニシキギ)は全国の山に自生する2~3mの落葉低木で、
秋には鮮やかに紅葉することから、錦木と呼ばれています。
最大の特徴は、枝にコルク質の翼があることで、
これを見れば一目で錦木であることがわかります。
タメること自体は簡単なのですが、
翼を落とさないように気をつけないといけません。
枝振りが規則的で、同じ位置で向かいあった枝が二方向に、同じ長さで伸びるので、
型にはめるのに苦労する場合があります。
生け花では好まれる花材ですが、一般へのウケはあまり良くありません。。。

芍薬(シャクヤク)はボタン科の多年草で、牡丹に良く似た華やかな花が咲きます。
牡丹は樹木であるのに対し、芍薬は草なので、枝を見ればすぐに見分けることが出来ます。
中国や日本で育てられてきたものと、20世紀後半に欧米で改良された物があり、
後者を洋芍と呼び、華やか過ぎるので基本的に格花には用いません。
今回のものも洋芍でしたが、まだ蕾の状態だったので、使うことになりました。
花の近くに葉が少なく、葉も大きかったので、綺麗に生けることができませんでした。
大振りな花を、小さく生けるのは至難の業ですね。

梅花空木の爽やかな白い花と、錦木の若い緑で、
初夏を感じる取り合わせになりました。




スポンサーサイト
  1. 2011/05/20(金) 03:29:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとうございます!!

年々、いけばな色が強まっている、このブログですが、
今年もいけばなを中心に、色々と更新して行こうと思いますので、
よろしくお願いします。

さて、今年初の更新は、正月花のご紹介。

DSC01829のコピー

まずは無駄に豪華な新花。
花材は大王松、千両、グロリオサ、オンシジューム。
大王松と千両を入れるところまではなんてことないんだけど、
グロリオサとオンシジュームをキレイに飛ばすのは、以外とややこしい。
オンシジュームを低い位置に持っていてしまうと、死んじゃうので、
可能な限り茎を切らず、グロリオサの毒々しさを中和するように、高い位置にもっていく。
大王松の奥にある枝はつき枝だったので、そのままの扱った。
もう一本余ったので、切ってしまって、そっちと入れ替えてもよかったかも。

今回みたいな豪華なのも、たまには良いけど、
我が家のような貧相な一般家庭には、もうちょっとシンプルでモダンの物の方が合うように思う。
が、他の家族は豪華なものが好きみたいで、かなり評判が良い。
「若松が2500円で、なんでコッチが2000円なの?」というクレーム交じりの質問も。。。

DSC01925のコピー

七五三(しめ、と読む)の若松

7、5、3は2つに割れない数字ということで、昔から御めでたいときに用いられる。
水引が7把で「七」、松の緑(新芽)が五本で「五」、
体・用・留の三か所に陰陽がそれぞれ備わるということで「三」、っというわけで七五三。
腹籠と呼ばれる前添えの枝には、新芽が五本備わった物を選び、
正面の松葉をむしるなどして、見えるようにしてやる。
この新芽の五本には、五体満足な子供が宿りますようにという意味が込められている。

若松は撓めが元に戻りやすく、そうなってしまうと見っとも無いので、捩じり撓めを使う。
それでも留の部分は戻りやすいので、
枝の別れ口の松葉が茂っている部分に木片を詰めて、撓めが戻るのを防止する。
足元が正面から見た時に三本になるように気をつける。

DSC01913のコピー

七五三の梅。

梅の七五三には、ズバエとかズワエとか呼ばれる若枝を使うことになっている。
そして、そのズバエも含めて枝数を五本で仕上げなければならない。
パターンは2通り、
体と用を兼ねた枝と留めの枝+ズバエ3本=5本
体、用、留を3本で構成+ズバエ2本=5本。
今回は下のパターンで生けた。
枝数を増やせないものだから、花材の善し悪しで出来栄えがほぼ決まってしまう。
なので、稽古のはじめに花材を手に取る時は、翌年の運勢を占うような気持ちで選ぶ。
今年は枝の当たりもよく、素直に生けることが出来たので、良い年になりそう。

白梅・水仙
余った梅と水仙を水盤に生けたもの。
水仙は玉根(球根)扱いとしています。
玉根には本物の球根を使う事が多いらしいけど、
ペコロス(玉ねぎの小さいやつ)を使うこともあるということで、今回はそちらを使っています。
臭いし、すぐに水がヌルヌルになるし、これで良いのか疑問に思ったが。。。
で、水盤の大きさとは合ってないけど、
とりあえず天石、人石、小石、3つの石を配置してみました。
石は磨くと光るものでなければならないらしい。
色々、覚える事が多くて大変。

今年の正月花は以上。

  1. 2011/01/16(日) 08:09:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実家の犬

IMG_0612.jpg

ブログネタがないので、iphoneで撮った実家の犬です。

ヨークシャーテリアです。
B級家族に加わる犬は、どうせB級だろうということで、B太(ビータ)という名前です。
4歳です。
3キロぐらいです。
おバカです。
人の顔色を常に窺ってます。
舌が長めなのか、ときどき舌が出てます。
テーブルに乗ると怒られるので、上半身だけ乗せてます。
IMG_0611.jpg ←数分後には。。。

381.jpg
トイプードルです。
アプリコット色をしたプードルなので、アプーという名前です。
2歳です。
2キロ前後です。
ふてぶてしいです。
機嫌がいい時だけ、人間に甘えてきます。
関節が異常なぐらいに柔らかいです。
ラグの色と同化しているので、たまに人間に踏まれます。
ヨークシャーテリアのことを、馬鹿にしています。
最近、ちょっと花粉症ぎみです。


以上、とりあえずの更新。

  1. 2010/03/29(月) 04:44:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

犬 プリンター

今日は実家です。
年賀 003
我が家のバカ犬。
母親が年賀状用に撮影したようです。着物も母親の制作。
プードルが増えたことが、我が家で一番大きな去年の出来事だったようです。

プリンターを注文しました。
A4とA3で迷いましたが、卒業設計をしている4回生の様子を見ると、A3プリンターが大活躍しているようなので、A3にしました。
心配なのは大きさ。これまでミニマルな部屋を維持してきましたが、巨大なプリンターの出現でどうなるのか・・・恐ろしい。
  1. 2008/01/08(火) 02:01:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。